心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

簡単心理テスト「急に起きたトラブル!あなたの対応は?」

あなたは編集部に勤めるライターとして仕事をしています。
あなたが担当している大きなプロジェクトを仕上げるため、家に仕事を持ち帰ってパソコンで記事を書いていました。
締切時間まであと数時間。あなたは必死の思いで記事を書き続けています。
すると突然部屋が真っ暗になりました・・・停電です。
すぐに停電は復旧しましたが、パソコンの画面を見てあなたは青ざめました。
なんと記事を保存しておくことを忘れていて、今までのデータがすべて消えてしまっていたのです。
さて、あなたはどうするでしょうか。

1.呆然として動くことすらできなかった

2.やり場のない怒りに我を忘れ、パソコンを殴った

3.保存し忘れた自分が悪いと反省し、できる限り記事を書き続けた

4.とりあえずその場から離れて落ち着こうとした

少し悩んだかもしれませんが、自分ならこうするという項目を選んでください。
このテストでは、「あなたが突然恋人に別れを告げられた時のリアクション」が同時にわかります。
人は予期せぬ出来事が起きた時に本性が現れるといいます。
コツコツと努力を重ねてきた物事に対しての突然の崩壊は、仕事でも恋愛でも自分の予期せぬ出来事として捉えることができます。
それでは順番に見ていきましょう。

1.「呆然として動くことすらできなかった」を選んだあなた

あなたは衝撃を受けると、なかなか気持ちを切り替えることができないタイプです。その分ひとつの物事に真面目に取り組み、全力を尽くしています。
そのため動くことができないのは決して悪いことではありません。
しかし、真面目すぎるあまり、その後に立ち直るまでにも長い時間がかかってしまうことでしょう。
恋人に振られても同じように、立ち直るまで時間がかかってしまいます。
時には少し力を抜きながら物事に取り組んでもいいかもしれません。

2.「やり場のない怒りに我を忘れ、パソコンを殴った」を選んだあなた

あなたは感情の起伏が激しく、後のことを考えずに行動してしまうタイプです。
自分に納得のいかない事態に陥ると、すぐに感情が出てしまい、周りに迷惑をかけることもあるでしょう。
しかし感情を入れている分、真面目に取り組んでいるということにもなります。
恋人に振られても、相手に暴力を振るわないように注意が必要です。
時には冷静さを意識すれば、よりよい対応ができるタイプでもあります。

3.「保存し忘れた自分が悪いと反省し、できる限り記事を書き続けた」を選んだあなた

物事を冷静に対処できるあなたは、今までの自分の行動を即座に反省し、次につなげることができるタイプです。
常に合理的に物事を判断できるあなたは、行動も常に最善を尽くして動いています。
しかし感情を表に出さない分、何を考えているのかが周りに伝わりにくい時もあるかもしれません。
恋人に振られても、その場で原因を考え、修復可能かどうかをすぐに考えることでしょう。
時には感情を出す方が合理的な時もあるかもしれません。

4.「とりあえずその場から離れて落ち着こうとした」を選んだあなた

あなたは予期せぬ出来事があるとパニックに陥りやすいタイプです。
時間をかければ一つ一つを見直して答えを出すことはできますが、即座に答えを出すことを苦手としています。
トラブルに対しても一旦時間をかけてしまうことで、相手に迷惑をかけるときもあるかもしれません。
恋人に振られても、返事もできずにその場を離れてしまい、余計にややこしくなってしまうこともあるでしょう。
日頃から落ち着いて行動できるように意識しておきましょう。

おわりに

いかがだったでしょうか。
とっさの判断は人によってそれぞれ違うものです。
大人になるにつれ、冷静な判断を求められる社会では、子供の頃のように誰かに守ってもらえることもほとんどありません。
日頃から自分の性格を見直しながら、予期せぬトラブルに対処していきたいものですね。

関連記事