心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

簡単心理テスト「スーパーボールすくいにチャレンジ!」

あなたは友人と一緒に近所の祭りにやってきました。
祭りは大賑わいで、屋台も所狭しとたくさん並んでいます。
あなたは友人と一緒にスーパーボールすくいにチャレンジすることになりました。
さて、あなたはどれぐらいボールを取ることができましたか。

1.たくさん取ることができた

2.少ししか取ることができなかった

3.ひとつも取ることができなかった

4.ひとつしか取れず、友人にあげることにした

少し悩んだかもしれませんが、祭りで楽しんでいるところをイメージしてください。
このテストでは、あなたの「幸せに対する願望」を知ることができます。
丸い物は幸せの象徴と言われており、金運などにも深い関わりがあります。
取ることのできたスーパーボールの量により、あなたが普段からどのくらい幸せを掴みとりたいかを考えているかがわかります。
それでは順番にみていきましょう。

1.「たくさん取ることができた」を選んだあなた

たくさんスーパーボールを取れたことをイメージしたあなたは、人一倍幸せになりたい願望が強いようです。
日頃から幸せに過ごし、お金にも不自由したくないと考えていることでしょう。
物事をポジティブにとらえることのできるあなたは、マイナス思考を嫌い、自分と同じような体質の相手を好むため、時には相手にも価値観を押し付けてしまうこともあるかもしれません。
相手の価値観も尊重してあげることで、さらに幸せな気持ちになれるでしょう。

2.「少ししか取ることができなかった」を選んだあなた

ゼロではないけれど、数個ほどしかとることができなかったあなたは、日頃から自分にはツキがない、運がないと考えることがあるようです。
幸せや金運にも今ひとつ運がないと思い込みやすいあなたは、いざ目の前にチャンスが訪れたとしても、それを見逃してしまうこともあるかもしれません。
まずはネガティブな思考を捨て、いざ訪れるチャンスを掴めるように準備しておきましょう。

3.「ひとつも取ることができなかった」を選んだあなた

あなたは基本的にネガティブ思考が強く、何事に対しても積極的ではないようです。
その普段からの習慣が顔や言葉にも出てしまい、周りにもあまりいいイメージを持ってもらえていないかもしれません。
思い込みは深くなりすぎると立ち直るにも時間がかかってしまうので、毎日のどこかに必ずポジティブに考える時間を作ることが大切です。
その習慣を続けていくうちに、幸せな気分になり、幸運が訪れることでしょう。

4.「ひとつしか取れず、友人にあげることにした」を選んだあなた

あなたは自分が犠牲になっても他人の幸せを願う優しい気持ちを持った人です。
ひとつしかない物を他人に譲るという行動は、なかなかできることではありません。
普段から人の役に立ちたいという意識が強いことでしょう。
時には「偽善者」という心もとない言葉を言われることもあるかもしれません。
ですが所詮は当事者にしかわからないことなので、周りの意見はあまり気にする必要はないでしょう。

おわりに

いかがだったでしょうか。
人は幸せになりたいと願い、そして様々な考え方で行動しています。
そして時には他人と競いながら幸せを掴みとりにいくこともあるでしょう。
いざ幸せになった時に初めて、それまでの過程を反省するのかもしれません。
最後は自分が心の底から幸せと感じられる結果にたどりつきたいものですね。

関連記事