心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

性格診断テスト「あなたは食べ物を分け合う?」

あなたは友人と一緒にファーストフード店に来ています。
それぞれ別々のセットを頼みましたが、お互いのセットを見比べた2人は、お互いのメニューがそれぞれ気になるようです。
さてあなたは別々のメニューを頼んだ時、それらを相手と一緒に分け合うでしょうか?

1.自分から積極的にメニューを取り分けて相手に勧める

2.少しだけ交換しようと提案し、味見程度に交換を勧める

3.自分は交換しようと思わないが、相手が交換したそうな時は交換する

4.交換は絶対にせず、それぞれのメニューは各自食べるようにする

いざ友人とランチや食事にいく時、それぞれの習慣があると思いますが、あなたの価値観に沿って選んでみてください。
このテストでは、あなたの「相手に甘えるタイプ」かどうかがわかります。
食べ物を分け合う行為は、相手の懐に入っていく行動を暗示しており、あなたの愛情表現を表しています。
あなたはどのタイプでしょうか。
それでは順番にみていきましょう。

1.「自分から積極的にメニューを取り分けて相手に勧める」を選んだあなた

自分から進んで相手に自分の料理を勧めることのできるあなたは、とても甘え上手で、相手との距離を縮めることが得意のようです。
気配り上手なあなたは、恋人にも甘えさせてあげる空気を丁寧に作り、それからあなたも甘えていくというさりげなさが相手にも安心感を与えています。
相手を尊重しながら自分の欲求も満たしていくあなたに、相手も居心地のよさを感じていることでしょう。

2.「少しだけ交換しようかと提案し、味見程度に交換を勧める」を選んだあなた

あなたは本当はもっと相手に甘えたいと思っているのに、なかなか行動に移せないタイプです。
自分からアプローチはかけるものの、なかなか素直になれずに消極的な一面を持つあなたは、自分が深入りしすぎて傷つくことを恐れており、今一歩踏み込めていないようです。
時には勇気を出して踏み込んでみるのも大切かもしれません。

3.「自分は交換しようと思わないが、相手が交換したそうな時は交換する」を選んだあなた

あなたは相手との距離感をなかなか把握できず、基本的に受け身になってしまっているようです。
その迷いが生じて戸惑っている雰囲気に対して、相手も同じようにあなたに甘えにくくなることでしょう。
素直に甘えることのできないあなたは、相手の顔色をうかがいながら行動してしまっているとも言えます。
あなたがそんな自分に嫌気がさしているなら、まずは素直になることから始めてみましょう。

4.「交換は絶対にせず、それぞれのメニューは各自食べるようにする」を選んだあなた

あなたは普段から相手に甘えるという行為を「媚をうる行為」こととして捉え、人と親密になることを避けているようです。
自分から甘えにいくことのないあなたは、相手が甘えてきても受け止めてあげることが難しいようです。
時に目の前で甘えている人を見ると、羨ましく見える時もあるかもしれません。

おわりに

いかがだったでしょうか。
相手と親密な関係になるためには、食事やイベント行事など、共同作業の多い場が適していると言われています。
お互いに同じことをしながら情報を共有することで、距離が一気に縮まることも珍しくありません。
人は楽しいときもあれば、寂しい時もあります。
時には自分の性格を見つめなおし、親しき相手を見つけていきたいものですね。

関連記事