心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

簡単心理テスト「欲しい靴を買うのはいつ?」

あなたにはこだわりの好きなブランドの靴があります。
今回新作で、まさにあなたの理想としているデザインの靴が発売されました。
まもなくバーゲンセールの時期!あなたはその靴を買うことにしました。
さて、あなたはどのタイミングで靴を購入しますか?

1.売れる前に絶対手にいれたい!セール前に定価で購入する

2.会員特典を利用して、会員値引きを受けて購入する

3.半額ぐらいかな・・・。50%引きで購入する

4.クリアランスまで待つ!80%引きで購入する

少し悩んだかもしれませんが、直感でかまいません。
このテストでは、あなたの「プライドの高さ」を知ることができます。
好きなブランドのアイテムは自身の個性を表現することになり、その個性を手にいれるための値段によってあなたのプライドの高さがわかります。
それでは順番にみていきましょう。

1.「セール前に定価で購入する」を選んだあなた

値引きを待っている人を横目に、値引きなしの定価で欲しいものを手に入れるあなたは、プライドは人一倍高いことを表しています。
何がなんでも手に入れたいと考えるあなたは、負けず嫌いで、誰よりも情熱的とも言えます。内心はホットですが、頭の回転も速いので、決してその感情を表に出すことはせず、外見はクールを保とうとします。
上手に物事を操作し、常に人に差をつけたいと考えているあなたは完璧を目指すことに投資を惜しむことは全くしないでしょう。

2.「会員値引きを受けて購入する」を選んだあなた

一般的に値引きを待っている人と違い、会員であるあなたは特別に割引を受けて靴を購入できるというシステムを利用していることから、頭が良く、人一倍特別扱いを受けたいというプライドを持っていることを表しています。
人と争う時にはまず、自分に何ができるかを考え、そして特別ルートで物事を進めていくという冷静な思考を持っています。
同時に私は他人とは違うというプライドがあり、同じようなタイプの人をライバルと認め、心のどこかでは同じタイプに出会えたことに喜びを感じることでしょう。
限られた資源を有効に使い、そして確実に結果を出す。その努力を惜しまないタイプだと言えます。

3.「50%引きで購入する」を選んだあなた

値引きを待ち続けて50%になったところで購入したいと考えていても、もしかすると売れてしまっている場合には仕方がないと諦められるあなたは、競争を強く好まない傾向にあります。
できればあまり目立ちすぎず、普通より少し上の結果が出れば良いと考えているあなたは、ライバルという関係には居心地を求めていません。
できれば無難に、みんなと良好な関係を保っていたい。そのようなタイプと言えるでしょう。
しかし本心ではできれば勝ちたいという気持ちもあるので、時折何もできないようなフリを見せ、最終的に良い結果に持っていこうとするという、ずる賢い一面も持ち合わせています。

4.「80%引きで購入する」を選んだあなた

ほとんど手にいれる可能性のない段階まで買おうとしないあなたは、競争を全く好まず、基本的に相手に譲ることを信条としているタイプです。
情熱的なタイプとは対照的に、平和を好み、争い事は自分から避ける傾向にあります。
できればみんなと良好な関係を保っていきたいと考えているものの、深入りすることは避けたいという特徴があります。
本当に当たり障りのない、むしろ相手の行動に興味のないタイプとも言えるでしょう。

おわりに

いかがだったでしょうか。
人は情熱的なタイプ、知的なタイプ、平和重視タイプなど、さまざまなタイプに分かれます。
欲しいものやこだわりにも価値観があり、人それぞれでこだわりを注ぐ方法も違います。
時には自分のこだわりを表現しすぎて、相手に敬遠される時もあるかもしれません。
また逆に相手の行動に興味を示さな過ぎて、敬遠されてしまう時もあるでしょう。
まずは自分のタイプを深く理解し、相手の価値観を尊重してあげたいものですね。

関連記事