心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

簡単心理テスト「お店に入ったらどの席に座る?」

心理資格自宅

あなたが道を歩いていると、とあるカフェが目にとまりました。
外観もおしゃれな印象で、内装もあなた好みのカフェのようです。
あなたは迷うことなく、そのカフェに入ることにしました。
店内に入ると、店員の丁寧なおもてなしとともに、座る席もあなたが自由に選んでもよいと言われました。
さて、あなたはどの席を選びますか。

1.店の全体の雰囲気が知りたいので、入口から店内全体が見える席を選ぶ

2.他のお客さんと顔を合わせたくないので、目立たない隅の方の席を選ぶ

3.店員さんの行動を見たいので、間近で観察できるカウンター席を選ぶ

4.他のお客さんの行動を見たいので、大きな共同テーブル席を選ぶ

あまり深く考えずに、直感でかまいません。
このテストでは、あなたの「人と関わる時の距離感」を知ることができます。
人は自分の中で、相手との接し方やテリトリー領域を無意識に作っています。
あなたはどのようなテリトリーを持っているでしょうか。
順番に見ていきましょう。

1.「入口から店内全体が見える席を選ぶ」を選んだあなた

あなたはどのような時でも常にリーダーの位置にいたいと考えているタイプです。
内心で支配欲が強く、自分の思った通りに人を操作することに快感があります。
常に全体を見渡すことでプライドを守り、自分のテリトリーに入ってくる人を敵視する傾向にあるようです。
一方で自分を頼りにしてきてくれる人に対しては、自分を犠牲にしてでも守ってあげたいという思いがあります。
ブレない考えを持ち続けることで、よきリーダーになれる資質のある人です。
時には身構えすぎず、相手を自然に受け入れることも必要かもしれません。

2.「目立たない隅の方の席を選ぶ」を選んだあなた

あなたは常に人と接していることを嫌うタイプのようです。
「他人は他人、自分は自分」という考えが常に頭の中にあり、あまり周囲に対して興味を持とうとしません。
自分のテリトリーを守ろうとするが故に、テリトリーに入ろうとする人を無理に避ける傾向にあるようです。
時には相手に一歩近寄ることも大切かもしれません。

3.「間近で観察できるカウンター席を選ぶ」を選んだあなた

あなたは自分のテリトリーという概念がなく、自由に相手に接していけるタイプです。
基本的に社交的で、友人関係も広い傾向にあり、他人のテリトリーにも物おじせずに入っていけるという特徴があります。
しかし、相手のテリトリーを度外視してしまい、無意識的に相手を傷つけてしまっていることもあるでしょう。
時には相手のペースに合わせてあげることも必要かもしれません。

4.「大きな共同テーブル席を選ぶ」を選んだあなた

あなたは孤独に対して強いこだわりがあるタイプのようです。
言葉を言い換えると、「寂しがり屋」とも言えます。
他人の近くにいることで、自分はひとりじゃないと感じることができるのですが、逆に言えば、自分ひとりでは何もできないこともあるかもしれません。
相手のテリトリーに同調することが得意なのですが、自分のテリトリーを確立できていない可能性もあります。
時には人に頼りすぎず、自分で問題を解決することも必要かもしれません。

おわりに

いかがだったでしょうか。
人によってテリトリーの内容は様々で、一歩踏み入れてほしかったり、あまり踏み入れてほしくないなどの距離感もまた様々です。
人はひとりでは生きていけないと言いますが、結局のところ自分の見えない所で人の支えを受けながら生きています。
逆にあなたも誰かの見えない部分を支えているということです。
まずは自分のテリトリーを理解し、そして相手のテリトリーを知ろうとすることで、接し方にもバランスがとれてくるでしょう。
お互いに心地よい距離感で関係を築いていきたいものですね。

関連記事