心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

転移

心理アニメ

カウンセリングにおいてクライエントは様々な反応を示します。中には、親に対して思っている気持ちを、カウンセラーにぶつけるという行動をする人もいます。こういった反応は実はよくあることで、心理学の用語で転移と言います。

今回はこの転移についてご紹介したいと思います。

転移とは

転移とは、臨床心理学や精神医学の専門用語で、過去の出会った重要人物に感じている様々な気持ち、距離感の持ち方などをカウンセラーに対して向けることを指します。

転移には種類が2つあります。一つ目は陽性転移です。これは、愛情や依存する気持ちなど、大雑把に言うと好意的、前向きな気持ちをカウンセラーに向ける転移のことです。カウンセラーに好意を抱いたり、甘えたりする態度は、この陽性転移の可能性が高いです。

逆に、敵意や攻撃的な気持ち、不満など、マイナスの気持ちを向けることを、陽性転移に対して、陰性転移と言います。

この転移におけるクライエントの感情を分析、理解することによって、クライエントの症状の緩和へとつなげていきます。精神分析やそれに近い関わり方をする人にとっては、この転移は見逃すことのできないとても重要な要素なのです。よくカウンセラーは中立であるべきだというような話を聞きますが、これは、純粋にクライエントのことを映し出すために必要なことなのです。

転移は陽性だからずっと好意的な感情が出てくるといった単純なものではありません。表裏一体という言葉がぴったりで、転移は無意識的なものですので、陽性的な感情と陰性的な感情は複雑に表出されます。好意的な態度を示していた人が逆に攻撃的な態度をとるようになることは、カウンセリングの場面ではよくあります。

また、逆に、カウンセラーがそうしたクライエントの感情に巻き込まれてしまうケースもあります。これを逆転移と言います。

逆転移

クライエントが転移をした時に、その転移に対してカウンセラーの方がクライエントに感情を抱く時があります。これを逆転移と言います。逆方向の転移なので逆転移と言うのでしょう。

逆転移はクライエントの発言や態度のみならず、カウンセラーの内面に影響されて生じるものです。この逆転移を落ち着いて認識、分析することができればカウンセラー自身の内面の分析につながります。

また、そういったことをふまえてクライエントのことを改めて見つめなおすことができれば、クライエントの感情や態度にもつながることでしょう。

逆転移は良くないものとされることもありますが、うまくやればプラスに作用するきっかけにもなりえます。

まとめ

カウンセリングの場面において、クライエントがカウンセラーや精神科医に対して、過去の自分の周りの重要人物との関係を持ち込み、非現実的な態度をとることを転移と言います。カウンセラーに対して恋愛感情や尊敬の気持ち、依存など前向きのような気持ちを抱くことを陽性転移と言います。逆に憎しみなどネガティブな感情を抱くことを陰性転移と言います。

また、カウンセラーがクライエントにそのような感情を抱くことを逆転移と言い、転移と区別されます。

カウンセリングの場面における転移と逆転移をよく分析することで、クライエントの症状の改善、カウンセラー自身の研鑽につなげることが可能となります。

関連記事