心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

色の見え方への影響リープマン効果とセパレーション効果

心理アニメ

世の中には無数の色があり、また、その組み合わせ方も無数にあります。

また、組み合わせによって見えやすいパターンとそうでないパターンがあることに気づくと思います。

今回はその色の見えやすさに関する効果のご紹介です。

色の見えやすさとは

そもそも色の見えやすさはどのような条件の影響を受けているのでしょうか。

私たちが何か色を見るとき、必ず背景があります。例えば紙に赤く塗りつぶされた円が描いてあったとしましょう。

その円以外の部分にも、何か色がついているはずです。普通の画用紙でしたら白でしょうし、何か色を塗っていたとしたら、黄色や青かもしれません。この時、前面に出ている対象となっているものを図、背景となっているものを地と呼びます。

今の例で言ったら、赤く塗りつぶした円は図で、円以外の部分が図なわけですね。

この図と地の関係が、その色が見えやすいかどうかに影響してきます。このことを視認性と言います。

例えば黄色の絵を描いて、背景を黒にするととても目立ちますよね。はっきりしていると思います。このような状態は視認性が高い状態と言うのです。

余談ですが、黄色と黒と聞くと、踏み切りの色を連想しませんか。黄色は警戒色と言って危険を連想させる色であり、さらに視認性の高さから、黒色との組み合わせで用いられていると思われます。歩行者やドライバーに認知してもらわないといけないので、このような目立つ色の組み合わせを採用しているのでしょう。

さて、この視認性、黄色と黒の組み合わせ以外にも視認性が高いとされる組み合わせがあります。何色かわかりますか。

それは、黒と白の組み合わせと、紫に黄色の組み合わせ、紫に白の組み合わせです。これらの色の組み合わせは見えやすいと言われています。

これらの色の組み合わせを見ていると、気づくことが一つあります。それは、地と図の色の明るさに差があると、見えやすくなるということです。

逆に地と図の色の明るさに差がないと、見えにくいものになると考えられます。

リーブマン効果とセパレーション効果

前の項目では、色の見えやすさは、地と図の明るさの差に起因すると述べました。

この明るさの差が小さいと色が見えにくくなる現象を、リーブマン効果と言います。

リーブマン効果が生じると目がチカチカする気がしたり、目が段々と疲れたりします。

では明るさが近い色は一緒に使えないのかということが気になると思います。これはある工夫をすることで解決します。

その工夫とは、明るさが近い2色の間に、明るさが異なる色を入れるだけでいいんです。この間に明るさが異なる色を入れることによってリーブマン効果が回避でき、色が見えやすくなることをセパレーション効果と言います。

たったこれだけで見えやすくなるなんておもしろいですね。

まとめ

いかがでしたか。

色の見えやすさというものは、地と図の色の明るさの差によって変わります。一番わかりやすいものは黄色と黒であるということでご紹介しました。

色の組み合わせというものは単純なようで奥が深いです。部屋のインテリアでも絵でも洋服でも何でも構いませんので、色の組み合わせ、見やすさというものについて意識してみると、また新たな発見があるに違いありません。無限にある色の組み合わせ方に、ハマってしまうかもしれませんね。

関連記事