心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

社会的証明の原理

心理アニメ

人は自分がやっていることが誰にも認められないと、不安な気持ちになります。

逆に人に認められたり、他の人も自分と同じことをしていると知ると安心します。

これは特に日本人によく観られる傾向だと思います。

人は自分の行動に対して、自分の信念だけで判断して動いているわけではありません。そこには社会があり、人の目があり、人がどうしているのか、人がどう思っているのかということが常につきまとってきます。

今回ご紹介する心理学用語は社会的証明の原理です。社会的証明とは一体何か、以下で解説していきたいと思います。

社会的証明とは

社会的証明とは他人の行動を参考にして自分の行動を決める心理のことを指します。

例えばこの記事は多くの人に読まれていますと言われればその記事を読もうという気になりますし、こういう習慣をすればみんなに認められますと言われれば、言う通りにする人もいることでしょう。

自分が何をやりたい、何が欲しいかというものが、他人の影響を大きく受けているわけです。

社会的に認められているもの、みんなが話題に出すものは自分もやってみようという気持ちになってしまう心理が、人にはあります。みんなが空を見上げて笑っていれば、自分も無意識に空を見上げて笑おうと試みてしまうのです。

現代ではインターネットが発達していますが、インターネット上でも社会的証明の例が見られます。

レビューが高評価だから買う、リツイート数が多いから見る、などがわかりやすい例です。レビューの中身をきちんと精査するのではなく、評価が高くレビューが多いからという理由でその商品を選んでいる人は、他人の影響を大きく受けています。

リツイート数が多いつぶやきや記事を見ようとするのも、人が認めているものを自分も知りたいという気持ちの表れと言えるでしょう。

人は仲間がいないと不安になる

人は仲間がいないと不安な気持ちになりがちです。

自分の意見が自分ただ一人の意見の場合、周りに同じ意見がいないという理由でその意見を取り下げ、ついには間違ったものだったと思い込んでしまうケースもよくあります。人はとても弱い生き物です。周りに認められずに意見を言い続けることは、なかなかできないものです。

もしも少しでも自分のことを認めてくれる人がいたとしたら、今度は強気に出るという人もいます。あなたの周りで意見や好みが独特で孤立しがちな人がいたら、認めてあげるといいでしょう。認められることで自分が社会的に受け入れられた気分になり、前向きに物事を考えられるようになります。

逆に徹底的に否定してしまうと、きっと相手は大きなショックを受けることになりますので注意が必要です。

まとめ

Large Group of Happy People smiling and embracing.

社会的証明とは、自分の行動が人の行動や意見に影響されることを指します。その物や行動が妥当かどうかの判断基準が他人なわけです。

自分がやりたいこと、自分が欲しいものは人のことばかり考えず、自分が本当にその行動をしたいのか、それは必要なことなのかだとか、自分にとってその商品は必要なのか、便利であるのかなど冷静に考える力が大切になります。

開き直って独りよがりになるのも考えものですが、自分が思っているより他人の影響を受けるものだと自覚しておくことで、安易な買い物や行動を避けることができることでしょう。

関連記事