心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

ダニング=クルーガー効果

心理アニメ

皆さんは自分のことを客観的に見ることができるでしょうか。自分の能力を冷静に測ることができますか。自分では客観的なつもりでも、極端に自信満々だったり、逆に極端に自信がなかったりということはよくあることです。

自分のことは自分が一番わかっているという言葉もありますが、自分のことを見つめることは意外と難しいものなんですね。だからこそ失敗したり悩んだりする人が出てくるわけです。

今回はそんな自信に関する心理学用語のご紹介です。

ダニング=クルーガー効果

ダニング=クルーガー効果とは、無知であり能力が低い人間ほど、自分の容姿、能力などを高く評価してしまうという心理学用語です。自分がまだまだであるということを客観的に分析する力がないために、自分はいいんだ素晴らしいんだできるんだと考えてしまうわけです。

能力がない人は、自分を見ることもうまくできません。そのことから自己評価が実際の能力とかけ離れるわけですが、低い方よりも高い方に偏るみたいですね。

日本人だと能力が低い人は自己評価も低く自信がない場合が多いイメージがあるため微妙なところではありますが、皆さんの周りの人はどうでしょうか。

自信満々だけど実際には何もできないという人はいるでしょうか。根拠のない自信を持って能力が低いままでいるという人は結構多いかもしれませんね。むしろその自信と現実のギャップに苦しみ、現実を受け入れられずに自信満々でいるために自分の世界に引きこもっている人もいると思います。自己評価と現実のギャップを埋めて、極端なものの見方をしないようになりたいですね。

また、能力の高い人間は他者について見誤ることが多く、能力が低い人間は自己について見誤ることが多いとのことです。言われてみればそうかもしれません。おもしろいものですね。

過信も悪いことばかりではない

今まで能力が低い人は過信しがちであるという話をしましたが、過信も悪いことばかりではありません。

なぜなら、何かをしようとする時は、過信するくらいがちょうどいいからです。

自信を持っていないと新しいことにチャレンジすることはできません。そうやって失敗を重ねる可能性は高いですが、成功する可能性だってあります。何かをするためには自信も時には必要なのです。

慎重なことは基本的に悪いことではないのですが、慎重すぎるあまりに失敗を恐れて何もできなくなるということもありえます。時には馬鹿になって自己を過信してみるという発想の転換が必要な場合もあります。現状の生活を変えたいけれども何もできないまま時が過ぎているという人がいたら、一度考えることはやめて馬鹿になる必要があると思いますよ。

あなたはどうでしょうか。

まとめ

能力が低い人間ほど、自分の外見や内面、能力を高く見積もる、過信する傾向があるという心理学用語をダニング=クルーガー効果と言います。

プライドばかり高くなると生活に支障が出る場合もあります。極端な自己評価を避けて、現実に即して自己分析を身につける必要があります。

しかしながら、過信することも決して悪いことばかりではなく、新しいことにチャレンジする時などは、馬鹿になって自信を持ってまず行動してみることも必要なのです。考えるよりも先にやることがある、というのもまた一つの現実なのです。

関連記事