心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

スノップ効果

心理アニメ

他の人と一緒であるということは安心できますよね。自分だけ他の人と違うと、不安になるのが普通の気持ちだと思います。

特に日本人にはその傾向があり、困ったら人にあわせるという態度をとる人が多いです。反面、人と同じで嫌だと思うこともありませんか。

例えば、町の中で同じシャツを着ている人と遭遇したら、なんとも言えない気持ちになりますよね。他には、オンラインゲームでみんなが自分と同じキャラクターばかり使っていてもあまりいい気はしないと思います。

必ずしも、同じだからいい、みんな使っているからいいというわけではなさそうです。

今回はそういったところに注目した心理学用語のご紹介です。

スノップ効果とは

大勢の人が使っている物の需要が減少し、少人数の人が使っている物の需要が高まることをスノップ効果と言います。人は、みんなが使っているからそれがいいと思う気持ちがある反面、人と違う特別なものを使いたいという欲求もあるのです。

世界で出回っている数が少ない商品や、限定モデルなどを欲しがる気持ちは、コレクション欲だけではなく、人と違うものを持っていたいという気持ちにも基づきます。スノップ効果はそうした人と異なるものを持っていたいという心理によって生まれるものなのです。また、人と異なるものを持つことによって、自分までもが特別になったような気分を味わえます。

大衆に対する特別な個人として自分を意識します。そのことによって、他とは自分は違うんだという優越感が生まれ、いい気分に浸ることができます。

自分が普通という枠組みから外れ、まるでステータスが高まったかのような気分になることができます。ゲームでレアアイテムを手に入れてすぐにツイッターに載せて自慢ばかりする人はこのタイプですね。

周りからすごいと言われ、リツイートされることに快感を覚えます。自身の個性を主張したい人、他人に対して上に立ちたい人などは特にスノップ効果の心理が出やすいです。

もちろん、単純にコレクター欲として、なんでもそろえておきたいという人も中にはいるのでしょうが、他の人が持っていないものを欲しがるタイプの人は、他の人が持っていないものを持っていることによる優越感が好きな人が多いというわけです。

物を売る側の人は、この優越感をいかに刺激することができるかが、希少な物を売る時のポイントになります。

その物がいかに素晴らしくて、数が少なくて手に入りにくくて、また、人に評価されるのかうまく伝えることができれば、購入してくれる人も、ぐっと伸びると考えられます。

まとめ

普通にみんなが使っていて、世の中に数多く出回っているものの需要が減り、数が少ないものの需要が高まること、また、数多く出回っているものに価値を感じず、数が少ないものに高い価値を感じるようになることを、スノップ効果と言います。

スノップ効果が起こる原因は、特別なものを理解している自分、普通とは異なる自分というものに浸って優越感を得たいという心理に基づくと言われています。

特に人に見せびらかしてすごいと言われたいという人は、このスノップ効果が大きく出ていると言えるでしょう。特別であること、数が少ないことをうまくアピールすることができれば、物を効率よく売ることにつながるわけですね。

関連記事