心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

サブリミナル効果

心理アニメ

サブリミナル効果という言葉を聞いたことある人はとても多いと思います。心理学の有名な用語で、心理学などについてさほど興味がないという人も名前くらいは知っているのではないでしょうか。

ではサブリミナル効果とは一体どのようなものかと聞かれたら、どういう意味だったか忘れてしまったという人も多いと思います。

そこで今回はサブリミナル効果について紹介していきます。

サブリミナル効果とは

サブリミナル効果とは人間が近くできるかできないかくらいの一瞬で映像やメッセージを流し、影響を与えるというものです。

その歴史は古く、19世紀にはサブリミナル効果について指摘があったそうです。

サブリミナル効果は、テレビ番組で一瞬番組と関係ない映像を流すことが有名です。一瞬だけ映像が出ると、サブリミナル的な映像の出し方だとか、サブリミナルだなどと言われます。

実はこのサブリミナル効果を狙った映像の出し方は問題視されていて、日本では1995年にNHKが、1999年には日本民間放送連盟がサブリミナル的な映像の出し方を禁止しました。

ではなぜサブリミナル効果を狙うことが禁止されたのでしょうか。

大きな理由は、アンフェアであるからとされています。視聴者が認識できるかどうかの映像を出すことによって無意識に商品名や思想などを植えつける行為は詐欺のようでもあり、ずるいとみなしているわけです。日本では某宗教家の映像をサブリミナル的に出したことで大問題になりました。

サブリミナル効果は本当に効果があるのか

サブリミナル効果が本当に効果があるのかどうかは、実は意見が分かれています。1990年代では、サブリミナル効果は怪しいという意見が強かったです。サブリミナル効果について記述されている文章は数多くあれど、実際に効果があると証明しているものはないのではないかという指摘さえありました。いかにも効果がありそうなため、大衆が信じて広まっただけで実はあまり効果がない、あってもたいしたことはないという見方があったのです。

しかし21世紀になると状況が変わります。サブリミナル効果はやっぱりあるという説が出てきたのです。とある実験でサブリミナル効果が見られたという報告があったのです。

しかし、サブリミナル効果が発揮されるためには、条件が必要であるとのことでした。

例えばある商品を買わせるためにサブリミナル効果を利用した映像を見せても、なかなかうまくいかないそうです。その商品について元々ある程度好意的に思っていて、なおかつその映像を見たときにその商品を欲しいという気持ちが多少なりともあるという条件に限って、サブリミナル効果は成功したのでした。

とあるジュースのことを嫌いでない男性ののどが乾いている時に、そのジュースの名前をサブリミナル的に見せると、他のジュースではなくそのジュースを選ぶというものでした。影響はあるにはあるが、かなり好条件でないとたいした影響はないようです。

また、疲れているときにかかりやすいというデータもあるそうです。確かに人は疲れていると暗示にかかりやすそうな気がしますよね。

まとめ

サブリミナル効果は知覚できるかどうかの一瞬の映像などを見せて、影響を与えるというものです。

効果については懐疑的ですが、限定条件化では成立するということでした。

とても興味深い効果ですが、悪用しないようにしましょうね。

関連記事