心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

カクテルパーティー効果

心理アニメ

大人数で集まっていて騒がしいのに、自分が呼ばれたことに気がつくことってありませんか。また、一人で出かけた時に街中やお店の中でふいに名前を呼ばれ、誰かに呼ばれた気がしたと思って反応したことはありませんか。

騒がしい場所だと自分の名前を呼ばれたとしても気づかなくても不思議ではありません。また、知り合いがいない場所でふいに名前を呼ばれても、まさか自分だとは思わずに気づかなくても普通のように思えます。

しかし、人間はなかなかうまくできているんです。この例のように、意外と気づいてしまうんですね。今回はその、音に気づくということについて取り上げます。

カクテルパーティー効果

カクテルパーティーのような騒がしい場所で、自分の名前を呼ばれた時に、他の話し声は全く気にならなかったのに、自分の名前だけやけにクリアに聞こえてしまうということがあります。これをカクテルパーティー効果と言います。自分の名前だったり、自分が興味を持っていることに対しては、人は敏感に反応するのです。

カクテルパーティー効果は1953年、心理学者のコリン・チェリーが提唱したものです。

人間はただ音を無機質に受け取って処理しているのではなく、音を受け取った後その言葉が持つ情報を読み取って自然と理解できるようにできています。カクテルパーティーでの雑音も、自分の名前が呼ばれた声も、同じ音です。それにも関わらず自分が興味のある単語だけやけに聞こえるのは、脳みそが音を認識した際に、言葉の意味を無意識に処理して理解させたからだと思われます。

都合のいい耳などという言葉もありますが、実際人間は都合のいい耳をしているのかもしれませんね。

カクテルパーティー効果を応用したコミュニケーション

カクテルパーティー効果で、人は自分の名前や興味があることに注意を向けてしまうことがわかりました。このことをコミュニケーションに利用しましょう。

人と会話をする時、特に相手にこちらの話を聞いて欲しい時は、相手が興味をひくような単語を出すことがポイントです。

相手の名前を呼ぶことはもちろんのこと、相手が好きそうでわかりやすい単語を出すと、相手は無意識に注意を向けることになります。そうやって相手の注意を引きつけつつトークを展開すれば、相手はあなたの話をじっくりと聞いてくれるでしょうし、異性なら魅力的だと思ってくれるかもしれません。

ただ長く話すだけだと、相手も聞き流してしまいます。人間は時に素晴らしい集中力を発揮しますが、普段は意外と集中できないものなのです。要所要所で名前を呼ぶなどして、相手をドキリとさせることがコミュニケーションのコツになるわけです。

あまり名前を呼びすぎても相手も疲れてしまうでしょうから、ほどほどが大切ですが、これはトークのテクニックとして試してみる価値はあると思います。うまくやることができれば、相手から好印象に見られることでしょう。

まとめ

カクテルパーティー効果はパーティーなどの騒がしい場所でも自分の名前のような特別興味がある単語には反応してしまうという心理学の用語です。

カクテルパーティー効果をうまく利用すれば、相手の意識、注意を引きつけられるようになります。みなさんもこのことを利用して、どんどん周りの人の注意を引きつけてみてくださいね。

関連記事