心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

アブニー効果とコールラウシュ効果

心理アニメ

私たちが当たり前に知覚している色。例えば黄色に見えるものは黄色、青に見えるものは青と考えるわけですが、この色の知覚は、様々な条件の元なされているということをご存知でしょうか。

綺麗な青色だと思っていたものも、とある条件が変われば、ちょっと違った色に見えてしまうのです。

今回はその色の知覚の条件のうちから、アブニー効果とコールラウシュ効果についてご紹介します。

アブニー効果とは

アブニー効果とは、色は変わっていないのに、色の鮮やかさが変わると色が変わって見えてしまうというものです。

これは絵の具の例がとてもわかりやすいです。

例えば黄色の絵の具があったとしましょう。鮮やかな黄色を見て、きっと誰もが黄色だなと思うことでしょう。

では、この黄色の絵の具に、黒の絵の具を混ぜてみましょう。想像しただけでも、鮮やかな黄色がにごっていくのがわかると思います。実際に、黄色の絵の具は、黒色の絵の具を混ぜると、だんだんと緑っぽい色へと変化していくように見えます。

しかし黒色は色みを持たない無彩色と呼ばれる色ですので、本当は黄色に混ぜたとしても、黄色の色みは変化していないんです。

でも色が変化しているように人間は知覚してしまいます。このことをアブニー効果と言うのです。

コールラウシュ効果

ではコールラウシュ効果はどのような効果なのでしょうか。

これは、同じ色、同じ光の強さであったとしても、色の鮮やかさに差があると、まるで明るさまで異なっているように見えてしまう現象のことです。

例えば鮮やかな赤色のものと、灰色を帯びたような赤色があったとしましょう。この二つの違いは色の鮮やかさしかないのですが、まるで鮮やかな赤色の方は光が強くて明るく、灰色を帯びたような赤色の方は、薄暗く光が弱いように見えてしまうのです。

私たちは鮮やかさの違いによって、明るさまで変わったかのように知覚してしまうんですね。この効果をコールラウシュ効果と言います。

他にもある色の変化現象

今回はアブニー効果とコールラウシュ効果をご紹介しました。他にも色が変化したように見える現象があるのでご紹介します。

それはベゾルト・ブリュッケ現象というものです。この現象は、同じ色であっても、光の強さが変化すると、色が変わって見えるというものです。

例えば、同じだいだい色でも、光の強さによって、赤みがかっただいだい色に見えたり、黄みがかっただいだい色に見えたりします。経験的になんとなくわかるよという人が多いのではないでしょうか。

ちなみに、赤、黄、緑、青の四色は不変色相と言って、光の強さが変化しても、色が変化することはありません。たった四色しかないんですね。

まとめ

私たちが何気なく見ている色ですが、光の強さが鮮やかさなどで異なって見えるということがわかりました。また、色の明るさでさえも簡単に見え方が変わることがコールラウシュ効果でわかりますね。

今回ご紹介した効果や現象は普段は意識しないものですが、言われてみると確かに、となるようなものだったと思います。こうして考えてみると、私たちが見ている色とはなんだろう、本当にみんな同じ色を見ているのかなどと発想が浮かんできて楽しくありませんか。

このあたりは色彩心理学だったり、哲学だったりを学んでいくと、いろいろわかるようになりますよ。

関連記事