心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

心理学者エリクソンと河合隼雄の心理の考え方と名言

アイデンティティという言葉をご存知でしょうか?

自分が何者で、どこから来たのか・・・自分の中に持っている「自分とは何か」。”自我同一性”とも呼ばれ、よく「アイデンティティの確立」といった思春期の発達などの分野でよく耳にします。

このように、アイデンティティの確立と共に、人間の発達過程で生じる心理と社会の関わりを研究する分野、発達心理学を確立した心理学者、エリクソンを今回はご紹介します。

エリク・ホーンブルガー・エリクソン

1902年~1994年、アメリカにて発達心理学を研究した、心理学者であり精神分析家。

自身が、母親の初婚の相手との子供で金髪蒼顔であったため、育ての親と似つかないことから、自分は何者なのかと悩み、アイデンティティについて研究し、その後発達心理学を確立しました。

自分は何者かというエリクソンの考え方

エリクソンは、自身が悩んだ経験から、アイデンティティという概念を確立します。

誰しもが思春期に差し掛かると「自分は周囲に必要とされているのか」「自分は社会に受け入れてもらえているのか」など、それまでは意識していなかった「自分」というものを考え始めます。

「私は私」と思いつつも、その証拠が欲しくなり、自分が思う理想の自分と現実のギャップや、社会に承認されているのかという不安を感じる・・・そこのギャップを埋める作業こそが「自我同一性(=アイデンティティ)」です。

エリクソンは、このアイデンティティを確立するために、思春期という特別な期間がある、と説いています。

この時期に自我同一性が確立されないと、「自分が何者なのかがわからない」(同一性拡散)という現象が起こり、ひいてはコミュニケーションに難が出たり、非行に走るなどの症状が現れる原因になる事もあるのだそうです。

発達の段階と心理

エリクソンは、人生を8段階に分け、各段階での心理的な社会との関わりについて、心理社会的発達理論を確立しています。

①乳児期・・・口から母乳を飲む事で、親を通して、自分を育ててくれる社会との絶対的な信頼を得ます。

②児童前期・・排泄をコントロールすることで、自律を確立します。又、排泄がうまくできれば褒められ、できなければ恥をかくという経験から、少しずつ自分を確立し始めます。

③遊戯期・・・どんどん社会に突入して、かかわってくる時期です。その中で、社会に自分が参加して良い立場である事を改めて認識します。

④学齢期・・・日々の勉強において、膨大な知識と、通学における集団行動を身につけはじめます。

⑤青年期・・・自己同一性を確立し始めます。

⑥前成人期・・自己同一性の確立に成功し、異性との親密な関係を経験し、確立します。

⑦成人期・・・生殖性(子供の養育など、次に何かを残そうとする)の発達により、自分以外の存在を育もうとします。

⑧成熟期・・・自分の人生を振り返り、自分の生き方を認める作業に入ります(統合性)

アイデンティティという言葉はよく耳にしますが、どのような意味かを知らなかった方もいたと思います。人生の各ステージで、そのステージに必要な心理的要素があり、それを真正面から昇華することで、対人関係などを学んでいくんですね。

反抗期はとても厄介で大変ですが、それも人生で必要な反抗である事を、再認識しました。

書店に行けば、専門書ではなく、エッセーのコーナーに「心の処方箋」という書籍が並んでいるのを見たことがある方なら、今回ご紹介する心理学者にはピンとくるかもしれません。

今回は、そんな「心理学は堅苦しくなく身近なものだよ」と日本人に教えてくれた心理学者、河合隼雄さんをご紹介します。日本にカウンセリングを定着させた、臨床心理学の第一人者、河合隼雄さんとは、どんな方だったのでしょうか。

河合隼雄とは

1928年~2007年、日本の心理学者。専門は心理分析学(ユング心理学)で、日本人初のユング派分析家資格を取得し、日本における分析心理学に大きく貢献しました。
日本的ユング療法

河合隼雄さんといえば、なんとなく「心理学者さん」で、「自己啓発っぽい本をたくさん出版」している、「穏やかな表情」の方、ぐらいの認識しか、今回色々調べるまでは、失礼ながら知らなかったのですが、実は日本のカウンセリングを普及させた第一人者だったんですね。

1965年、スイス・チューリッヒの「カール・グスタフ・ユング研究所」おいて、取得が非常に難しい”ユング派分析家”の資格を取得した心理学者です。

ユングは、それまで患者と治療者というスタンスで心の治療にあたっていた方法を覆し、対話重視で心のケアを行う独自の技法を確立した心理学者であり、その技法の取得者である事を名乗る資格を日本で初めて取得したのが河合隼雄さんです。

日本と西洋の心の構造の違い

ユング派分析家の資格を取得する中で、どうしても違和感を感じたことが、東洋と西洋の心の構造が違う点だったそうです。

東洋人(特に日本人)は、自我の区域がはっきりせず、周囲の環境や人間関係に自分を変化させることで色々なバランスをとる傾向にあります。逆に西洋人は自我がものの見事にはっきりとしているため、その違いをカウンセリングの手法に反映させる必要がありました。

様々な違いを考慮し、日本人へのカウンセリングでは、治療者が必要以上に介入すると警戒心をあおる為、介入を控えてじっくり話を聞くスタイルを確立しました。

箱庭療法

ユング派分析家の特徴は、対話によって患者自身も客観的に自分の心の中を分析整理する療法ですが、心の機微を現存する言葉で表現することが難しい場合も出てきます。

そういった心の細かい部分も目に見える形で表現し、自己分析をする方法として、「箱庭療法」は考案され、河合さんによって初めて日本に導入されました。

これは、砂の敷かれた箱に、思うがままに人形や小物を置いて庭を作り、その内容についてカウンセラーが質問し答える事で、心の中を分析するとともに、患者自身も客観的に自分の心理を見ることができます。
最後に

臨床心理学の功労者である河合隼雄さんですが、先に触れた著書「心の処方箋」では、病気の時に飲む薬のように、心にしみわたる言葉というを体感できます。

「100点は時々で良い」「道草によってこそ「道」の味がわかる」など、ずっと何かに向けて(何に向かっているのかもわからず)頑張っている人に、心も体も頑張りっぱなしだと壊れてしまうと、優しく教えてくれます。

様々なしがらみに直面する大人になった今、もし生きていらっしゃったらお話ししてみたい方の一人です。

関連記事