心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

欲求を満たすほど健康に・・・マズロー

心理アニメ

心理学の世界では、特に有名なフロイトなどの精神分析の分野になると、どうしても「無意識下で満たされなかった思い」や「発散されなかったストレス」など、なぜ今自分は満たされないのか、という事について思いを巡らせる分野でした。

考えてみれば、悲しみや苦しみがあって、「自分の心の中を覗いてみたい」と思うわけで、なんの不満も無ければ心の内側に思いを馳せる必要もありません。

しかし、今回ご紹介するマズローは、気持ちよくなる「至高体験」や、欲求を叶えるたびに心が健康になる、「欲求のピラミッド」を唱え、それらを総じて「人間性心理学」と呼んでいました。

そんな心理学界にとっては一風変わった心理学者、マズローについてお話しします。

【アブラハム・ハロルド・マズロー】

1908年~1970年、アメリカの心理学者。ニューヨークのスラム街で生まれたマズローは、その環境にひるむことなく前向きによく働き、大学で出合った心理学をきっかけにその道を目指し始めました。
満たせば満たすほど心が満たされる欲求

欲求を否定的にとらえていたフロイトとは違い、マズローは、欲求自体は良いものであると考えました。

この図でもわかるように、ピラミッド型になっており、低層階の欲求が満たされれば、一つ上の欲求を抱くようになります。そしてピラミッドの頂点に向かえば向かうほど、精神的にも満たされるとマズローは唱えています。

第一階層の「生理的欲求」は、いわゆる生きていくための本能的な欲求(食べたい、眠りたい)を表しています。生理的な欲求が満たされれば、次は「安全欲求」が起こります。これは、生活する家や健康など、安全・安心に暮らしたい、という欲求です。

現代社会において、食べられない・住むところが無い人の割合は(0ではありませんが)非常に少ないため、たいがいは満たされている事になります。

そして次には「社会的欲求」が起こります。集団に属したり、仲間が欲しくなるため、この欲求が満たされないと、社会からとり残されたような不安を覚えます。ここが満たされれば、次は他人から認められたい尊敬されたい、「尊厳欲求」が出てきます。

ここまで欲求が満たされると、外部に求めるものはなくなり、自分の能力を引き出したい「自己実現欲求」となります。
明るい心理学

マズローは、心理学に携わる中で、精神分析や行動心理学において、病理的な扱いを受ける事に疑問を覚えました。ネガティブな部分に焦点を当てるのではなく、人間の創造性、自己実現や成長など、もっとポジティブで希望に満ちた可能性を問い、明るい心理学を目指すべく、心理的に健康な人の研究を始めました。彼はこの心理学に対するアプローチを、自身で「積極心理学」と呼び、更には「人間性心理学」としてアメリカの若者たちに浸透していきました。
最後に

今までの心理学であれば、「人間の欲求は尽きることが無いのです」と、メールやSNSの文章なら、困った顔文字でもつきそうですが、意外な事にマズローは、欲求があるのは仕方ないとして、それを満たせばそれだけ気分も幸せになるのだという理論に、驚かされました。

心理学に興味を持つ人の多くが、満たされたいと願っているわけですから、既に満たされている人にある要素を研究すれば、目からウロコな要素が隠されている可能性があり、それを研究するのは非常に意味のある事なんですね。

関連記事