心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

条件反射の発見・・・パブロフ

心理アニメ

タイトルを見て、ピンと来た方もいると思いますが、多くの人が知っている法則、「パブロフの犬」。

どういった法則で、どんな現象を指しているのか、はたまた「誰のイヌ?」なんて冗談にしかならないぐらい、詳しく知られていません。

例えば、梅干を見るだけで、酸っぱい感覚に襲われてよだれが出たり、4時間目の終了を告げるチャイムを聞くと、空腹でお腹が鳴るなど、何かのきっかけで体が自然に反応し、一定の減少が現れる条件反射の事です。

では、この法則をどのように発見し、後世にどう影響を与えたのでしょうか。

【イワン・パブロフ】

1849年~1936年、ドイツにて、生理学を用いて行った実験で、「古典的条件付け」(条件反射=パブロフの犬)の法則を発見する。その後の行動心理学へ多大なる影響を与えた人物です
条件反射を発見する

少し残酷ではありますが、パブロフは、実験対象の犬の唾液腺や胃の一部を犬の外に出して、生理学的に実験しました。

この実験では空腹の犬にえさを与える際、必ずベルを鳴らしてから与えるルールで実験を続けます。すると、次第にえさを見なくても、ベルが鳴るだけでよだれが出るようになりました。

色々説明せずとも、この写真ひとつで、「パブロフの犬」現象を体感している人もいるかもしれませんが、このように、ある一定の条件下において、意識していなくても体が反射的に反応する事がわかってきました。

この現象は、現在でもよく知られる「パブロフの犬」と呼ばれる法則で、正式には「パブロフ的条件反射」や「古典的条件付け」と呼びます。パブロフは、ベルが鳴ると、エサを食べる条件(餌を入れるときの音や、足音など)が想起され、その心理的効果によっでよだれが出るという現象が起こると考えました。(精神的分泌)

又、この実験において、ベルを鳴らし続けると効果が薄れよだれが分泌されなくなります(消去)が、少し間をおいてから再度ベルを鳴らすと、よだれが出てくるようになるそうです(自発的回復)。
心理学への応用

この「パブロフの犬」の実験で、何が重要なのか・・・。一見すると、「犬がベルの音でエサも無いのによだれを出すようになった」という話だけのように思えてきますが、実はのちの心理学に大きな影響を与えます。

この心理的な条件反射を利用すれば、不安や恐怖を与え、従属させることもできれば、その呪縛を説くこともできる、すなわち、ある一定条件を継続することで、意図する方向へ人を動かすことができると考えられました。

このように、「パブロフの犬」の実験から着想を得て発展した分野が、行動から心理を探っていく「行動心理学」です。

実際に目で見ることができない人の心の中は科学的に証明できない為、行動を科学することで心理に近づこうとした研究が「行動心理学」と呼ばれ、のちにたくさんの法則を生み出すきっかけになりました。
最後に

いかかでしたか?かなり偏った認識でしかなかった「パブロフの犬」の実験が、現代の心理学に大きな影響を与えたとは驚きです。

余談ですが、「パブロフの犬」は、名前の性質上1匹の犬を対象にしている思われがちですが、実は数百頭いたそうです。

なんだか残酷・・・と思ってしまいますよね。しかし実験のデータをとるという観点から考えると、そんな多くの犠牲の元に、私たちの健やかな心を保つ分野に光が差したことに感謝が必要かもしれませんね。

関連記事