心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

日々、あらゆる面で益々良くなっていく・・・クーエ

心理アニメ

「日々、あらゆる面で益々良くなっていく」と、毎日口に出して唱えるだけで、治療が困難だった病気が治る、と言ったら、信じますか?

今回ご紹介する心理学者クーエは、実際にこの言葉を患者に、患者自身に聞こえるはっきりした声で、起床時と寝る前に20回ずつ唱える事を続けさせたことで、ぜんそくや消化不良、アルコール依存、立って歩けなかった人が歩けるようになったり、痛みがすぐに消えたりと、治療困難な病気が完治したというのです。

本当にそんなことがあり得るのでしょか。

【エミール・クーエ】

1857年~1926年、フランスの心理学者。薬剤師を経て、自己暗示法(クーエ療法)を考案し、治療を開始しました。
自己暗示法

クーエは、冒頭でお話ししましたが、「日々、あらゆる面で益々良くなっていく」と、起床時と就寝時にに20回ずつ唱える事が、自己暗示になって、ほんとうにあらゆることがうまくいくようになったというのです。

心理学者バンデューラは、鏡の中の自分に「私はできる」と、暗示をかける事で「自己効力感」が高まり、自分に自信が持てるようになる、というお話をしましたが、それは自分の心の中の問題で、目には見えません。

しかしクーエは、実際に目に見える形で病気を治療していますが、どのような治療方法なのでしょうか。

重要なのは、まず、その言葉です。「今が良いのではなく、これから良くなっていく」と自分にはっきり聞こえるように語り掛ける事で、無意識下で治療が必要な個所を探して治療を開始するのだそうです。

そして、もう一つ肝心なのは、力を入れず、自然な状態で語り掛ける事です。「無意識下に語り掛けるぞ」と力が入ると、かえってうまくいかないとクーエは言っています。
努力逆転の法則

「努力逆転の法則」をご存知ですか?

「努力がたりない」「もっと努力しなさい」と言われることはあっても、「努力するな」と言われたことはありません。

しかし彼は、努力すればするほど、逆の結果を招くと説いていますがどういう事でしょう・・。

クーエは、暗示心理学において、クーエの法則という3大原則を提唱しています。その一つに「意思の力と想像力を比べれば、想像力が勝る」というものです。

「努力しなければ」という意思が強ければ強いほど、努力しないかった時にどのぐらい辛いことが起こるのか、マイナスのイメージが先行します。そうなると意思の力より、マイナスイメージが勝ってしまい、現実はそちらに寄っていきます。
最後に

ビジネス書の自己啓発本などを読むと、「夢をつかむには、なるべく夢がかなった状態をリアルに想像すべきだ」という内容を見かけます。

先に少し触れた、クーエ三大法則では、お話しした法則の他に、「意思と想像が一致すれば相乗効果が生まれる」「想像力は誘導可能である」と説いているように、すべては「~しなければ」ではうまくいかず、肩の力を抜いてうまくいっているところを想像すれば、そこに現実がついてくると唱えました。

いつもしなければいけないことだらけで、想像する時間も無い・・・。たまには深呼吸して、眉間のしわを伸ばして、穏やかに日々を過ごす自分をお茶でも飲みながら想像するのも、良いかもしれませんね。

関連記事