心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

忘れたくなければ効率よく復習を・・・エビングハウス

心理アニメ

過酷な受験競争を乗り越えてきた方なら、聞いたことがあるかもしれない、心理学者エビングハウスを、今回はご紹介します。

なぜ受験生限定かというと、エビングハウスは、人の記憶が経過によってどのように変化するかを表した「エビングハウスの忘却曲線」の提唱者だからです。特に記憶すべきことが山ほどある有名大学の受験正にとっては、限りある時間の中で、いかに効率的に記憶し、その記憶をいかに長くとどめておけるかが合格のカギになります。

では、どのような実験で、結果的に何が分析できたのか、見ていきます。

【ヘルマン・エビングハウス】

1850年~1909年、ドイツの心理学者。精神物理学者のフェヒナーの影響を受け、記憶の忘却について研究をはじめ、記憶曲線を示しました。
記憶力の限界

エビングハウスは、記憶と時間の関係について研究するにあたり、全く意味のなさない、無意味な文字の羅列(無意味綴り)を被験者に記憶させ、経過した時間と、忘れた言葉の割合を調査しました。

すると、忘却率が、20分後には42%、 1時間後には56%、1日後には74%を、1週間後(7日間後)には77%、1ヶ月後(30日間後)には79%という結果になりました。

時間が経過し、如実に記憶している単語の数が減る事は簡単に予測できそうですが、減少率に関しては、記憶してすぐは急激に忘れ始めますが、一日を過ごしたぐらいから、記憶している文字数の減少が緩やかになり、一定期間を過ぎると、減少しなくなるという結果が出ました。
忘却を食い止めるには

エビングハウスの忘却実験から見えてきたもの・・・それは、人は記憶してすぐに忘れてしまうという事です。具体的に言えば、覚えた次の日には、7割忘れるという事です。

短期では忘却しますが長期では現象が少なくなるという事は、繰り返し復習をして、長期記憶にすれば、ある一定から記憶は減少しなくなりますので、脳に定着したという事になります。

又、エビングハウスの実験でも使われた「無意味綴り」のように、どこにも関連しない言葉ほど忘却スピードが速くなりますので、何かと関連付けて記憶すると忘却しにくいことがわかってきました。

つまり、一夜漬けで勉強した記憶は、次の日にほぼリセットされ、全く効率的ではありません。せっかく学習した記憶を定着させるには、その日中、翌日、1週間後、1か月後と、エビングハウスの忘却曲線に沿って効率よく復習する事が必要です。

この方法は、記憶力の良し悪しや、勉強の得手不得手は関係なく、記憶を持続させるコツとして、万人共通の方法です。
最後に

今回は、学習に限ったところで、「記憶を長続きさせる方法」について触れましたが、忘れてはならないのは、人間は忘れる生き物だという事です。悲しい記憶を忘れられなければ日々絶望ですので、忘れるようにできているのです。

日本では、立て続けに自然災害が起こり、その記憶を風化させないために、復興記念モニュメントを建てたり、災害時の映像を繰り返し流したり・・・。相当辛い思いをした方にとっては、思い出したくない、早く忘れたいのに、繰り返し流される当時の風景に、心を痛めている方も、中にはいらっしゃるようです。

日本はかねてから、賢い=記憶力がいいという、独自の解釈が進んでいる節があります。しかしながら、様々な面で「忘れる」という事が大切な場面もある事を、理解しておく必要がありますね。

関連記事