心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

対人関係もバランスが大事・・・ハイダー

心理アニメ

毎日、職場や学校で様々な人々と接し、人間関係を築いていくうちに、気の合う仲間や、友人に出会う事が出来ます。最初は「?」と思っていた人でも、だんだん打ち解ける事もあれば、一目ぼれ的に意気投合しずっと仲良し、はたまた、最初はとても仲がよかったのに、時間が経つにつれて「なんか違う」と思う事もあります。

この差は何だろうと、不思議に思ったことはありませんか?

そんな疑問を解き明かしてくれたのが、今回ご紹介する心理学者ハイダーです。知れば納得、目からウロコの法則について、お話しします。

【フリッツ・ハイダー】

1896年~1988年、オーストリア出身で、後にアメリカにて活躍した心理学者。社会心理学に精通し、主に対人関係の心理学、「認知的バランス理論」を提唱しました。
認知的バランス理論

見慣れない図式が並びますが・・・。これは、ハイダーが唱えた「認知的バランス理論」を図式化したもので、Pは自分、Xは相手、Oは任意の物事を表します。

①を解説すると、私(P)は、野球(O)が好きで相手(X)も好き、相手(X)も野球が好き。これは仲良くなれそうですね。

次に②を見てみると、相手は野球が好きだが、私は野球が嫌い、よって相手も嫌い。仲良くなる可能性は低いですが関係性として納得できます。

こうして読み解くと、①~④は、相手と仲良くなれる、もしくは仲良くなれない理由が納得できます。

しかし⑤を見ると、私は野球が好きで、相手も好きだが、相手は野球が嫌い。これでは好きにも嫌いにもなれず、なんともバランスが悪く、相手が野球を好きになって仲良くなるか、私が相手を嫌いになるか、私が野球を嫌いになるか・・・いずれにせよ、①~④になる方が均衡がとれそうですよね。
なんでもバランスが大事

ハイダーは、対人関係を考える時、他者や対象(上図O)を評価する際、それと関係した第三の何か(もの・人)を含めた均衡状態が肝要であると唱えました。

いわば、対人関係を客観的にみた、取り扱い説明書のようなもので、「だから、しっくりこないのか・・・」と腑に落ちるところが出てきませんか?悪意の返報性によって、嫌いな人には、その好みまで嫌いになりますし、好意の返報性によって好きな人の友達は好きになれます。その方が関係性にバランスが生まれ、おさまりが良いですよね。

例えば、両親が不仲だった場合、よくある形が、母が子供に父の悪口を行って自分を取り込むといった図式です。そうすることでバランスの取れた形にはなりますが、この場合は、別のところでひずみが出てくるかもしれませんね・・・。
最後に

心理学では主に、「心はどことつながっていて、行動との結びつきはどうなっているか」を分析するケースが多い中、対人関係の方程式を編み出したハイダーは、確実に現代の心理学に大きく影響しています。

友人との間に何かいさかいが起きた時、中には「自分が悪いからだ」と落ち込む人もいれば、相手が悪いと人のせいにする人もいて、千差万別です。そこに来て、「対人関係の方程式」であるハイダーの理論があれば、本人・相手と第三との関係性を少し変えるだけで、対人関係がスムーズに流れだす可能性は十分にあります。

関連記事