心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

人の心とはまったくもって複雑なのだ・・・ユング

心理アニメ

心理学に興味の無い方でも、一度は聞いたことがある、ユングについてご紹介します。

心理学者は普段、精神科医などの医師である場合も多く、患者の治療にあたるのが常ですが、それまでの治療は、寝かせた患者から病状を黙って聞く、いわゆる普通の医者と同じスタイルでした。

しかしユングは、このスタイルに疑問を持ち、患者と対面で座り、対話によって治療をするスタイルを貫きました。いわばカウンセリングの始まりです。

現代では、当たり前のスタイルを作りあげたユングという人物、どのような功績を残しているのでしょうか。

【カール・グスタフ・ユング】

1875年~1961年、スイスの精神科医・心理学者。深層心理学に精通し、無意識は想像以上に複雑であるため、対話で紐解くべきと分析した、現在の心理療法の現場に多大な影響与えた心理学者です。
真逆が混在

好き嫌いや、寂しいや、楽しいなどの気持ちを表す感情を、深く掘り下げていくと、「好きだけど振り向いてくれないから嫌い」とか、「つらいけど無理に楽しんでいる」など、様々な、しかも真逆の感情が幾重にも重なっている事があります。

自分の感情を掘り下げた結果、相反する気持ちに気づけばまだ良いほうで、フタをし過ぎた感情は無意識下に隠れて気づけない場合も少なくありません。

ユングはその部分に着目し、人と人の対話を通じで相互作用が起こり、自分の感情を引き出し整理することができると説いています。それは他者同士はもちろん、自分と自分の対話も同じです。
着脱式の仮面

私たちの無意識下に欲求を抱えていても、現実的な生活があり、様々な人々と共存する必要があります。又軋轢をさけるべく、本来の自分を隠して現実社会に即した自分を演じる必要もでてきます。

この、役割を変じる事を、ユングは「ペルソナ(仮面)」と呼びました。

仮面をかぶって役割を演じ分けること自体は問題ないのですが、仮面が外せなくなると、これは大いに問題です。職場で部下に接するように家族に威張ったり、だれかれかまわずお説教・・・なんて人は、仮面を外せなくなっているかもしれません。

ユングは、このペルソナと本人の関係性が夢に発露されると唱えています。

フロイトも、夢に無意識が出てくるとの見解を示していますが、ユングは、夢に出てくる内容を分析することで、その人のペルソナの在り方や向き合い方を分析することができると考えました。夢に出てきた内容自体が欲求というわけではなく、その内容によって深層心理を読み解くことができるというものです。

そこには、悲観的な内容が発展的な今後を暗示している場合も多く、社会に適応するためには現状と真逆のペルソナをかぶる事も少なくないため、その結果、発露される夢の内容が、現状と反対を示すことにも頷けます。
最後に

今回紹介した内容の他に、人が持つ心の働きを4つに分け、「思考」「感情」「感覚」「直観」のどれが勝っているかで人格が決まると考えました。

このように、ユングの研究や分析は、現代の心理学に多大な影響を与え、今でも臨床心理学の分野で生かされているものばかりです。

「自分の事は自分が一番よくわかっている」と思いがちですが、やはり自分の事が一番よくわからない・・・。故に自分の中での対話で気持ちを整理し、他者との対話で感情を調整する事が、心には必要な事であると改めて感じますね。

関連記事