心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

イイ結果は繰り返す・・・ソーンダイク

心理アニメ

「苦節三年、試行錯誤の末、やっと実現しました」・・・あの手この手で色々試してやっと結果が出た時に使うこの「試行錯誤」。行動は、繰り返すたびに研ぎ澄まされ、無駄な動きが少なくなっていくと唱えた学者、ソーンダイクについて今回はお話しします。

パブロフやワトソンなど、行動心理学に携わった学者はたくさんいて、いずれも実験によって唱えた説を実証していますが、この「試行錯誤」という概念は、教育にも大きく影響する学説であり、現代でも普通に使われる用語です。

そんなソーンダイクについて、ご紹介していきましょう。

【エドワード・L・ソーンダイク】

1874年~1949年、アメリカの心理学者。1903年に教育心理学を3刊の大著で発行するなど、教育に関する心理学に深く関わり、「試行錯誤説」が有名です。
いいことは繰り返したくなる

ソーンダイクは、人は繰り返し同じ行動を繰り返す事で、無駄な動作が軽減され、結果が出るまでの時間も短縮されるという「試行錯誤説」を説いています。

これを証明するする為、「猫の問題箱」という実験を行いました。

空腹のネコを箱に入れて、箱の外にネコの好物を置いておいたら、どのようにネコは箱から脱出するか、脱出するまでの時間を観測しながら観察する実験です。すると、実験を繰り返すうちに、ネコの無駄な行動は少なくなり、脱出するまでの時間が短縮されるという結果が得られました。

この実験から、好ましい結果が出た行動は繰り返され(快の法則)、好ましくない行動は敬遠されます(不快の法則)。そして、良い結果がでた行動は強く結びついて繰り返されるという、効果の法則によって、動きと時間がスマートになったと考えました。
反復かひらめきか

このソーンダイクに異論を唱えたのが、ドイツの心理学者、ケーラーです。

ケーラーは、チンパンジーの部屋の天井からバナナを吊るし、同じ部屋に踏み台や道具も用意した時、チンパンジーはどのようにバナナをとるかの実験をしたら、繰り返すことなく一発でバナナをとれたことから、ひらめきで問題解決したという「洞察学習」を唱えています。

・・・現代から考えると、「どちらも状況によってあるかな」と思いますし、実験の条件が違い過ぎて、比較するのはいかがなものかなと思ってしまいますね。

その後、トールマンは、試行錯誤説と洞察学習説の両方を統合した「認知地図説」にて、環境から学習した認知地図を心の中に作成し、この地図を元に潜在的に学習する「潜在学習」という説を唱えています。

こうして、実験・結果・分析・異論を繰り返し、現在に至るんですね。
最後に

ソーンダイクはそのほかにも、「準備ができているほうが、そうでない時よりも能率的に習得できる」とする、すなわち、足し算を習っていないのに掛け算割り算を教えてもまったく習得できず、それなりの準備が整える必要があるという”レディネスの法則”も唱えています。

このように、ソーンダークは、現代の教育や学習の習得に大きく影響する説を多く生み出しています。勉強には「それなりのやり方がある」と言われますが、ソーンダイクの説をたどっていくと、勉強嫌いの子供たちに一石を投じられるかもしれませんね。

関連記事