心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

負けず嫌いや失敗した時の人の心理学

心理

日常で会話をしていると、中には、すべての物事に勝敗をつけたがる人がいます。

着ている服も、話している相手より高いものを、食べているものも相手より豪華なものと、数値化できない勝ち負けにもこだわります。ただこちらは昨日の徒然なることを話したいだけなのに・・・。負けず嫌いの人は、どうしても相手より少しでも優位に立っていないと気が済みません。

今対峙している相手に勝っても、又別の相手が来たらまた頑張らねばならず、ずっと勝ち続ける大変さを背負い続ける「負けず嫌い」さんの心の中は、どのようになっているのでしょうか。誰もが遭遇したことのある(もしかしてあなたもそう?)、「負けず嫌い」さんについて、少し考えてみましょう。

「目標達成」はどこへやら

人が物事を達成しようとする時、目標が高く、達成が難しければ難しいほど、奮起する材料が必要です。お金や物のご褒美などもその一つですが、「勝ちたい」「負けたくない」という気持ちがその材料になることももちろんあります。以前に同じ物事や人に負けて「悔しい」という思いも、目標を達成するバネになります。

そういう意味では、「負けず嫌い」は、大いに目標達成に必要な要素であり、メリットしかないように見えます。

「勝つ」というプラスの方向にフォーカスされた「負けず嫌い」なら問題はないのですが、その裏、「負ける」方にフォーカスされてしまうとデメリットとなり、少し心は厄介になります。

「負けた」ことに対するマイナスが自分に向けば、「自分はダメな人間だ」と自分を責めてしまいます。他人に向ければ、自分が相手にとって上にいるために、他人を見下げることに尽力し始め、結局自分の心が傷ついてしまいます。

向かう相手が違う

前章で、「目標に打ち勝つ糧としての”負けず嫌い”なら、それは向上心と言ってほしいなぁ」と、ご本人が負けず嫌いなら、少し物言いがつくかもしれません。

確かに、同じことなら、プラスイメージの方で呼びたいですが・・・残念ながら「負けず嫌い」と「向上心」は、異なります。

その違いは、「勝ちたい」と思う相手が違います。負けず嫌いは”相手”に向かい、向上心は”自分”に向かいます。

では、なぜ負けず嫌いの人は、自分に向かわないのか・・・。それは、自分に向かう人は、発生した事象に対し、自分に問いかけて答えを出せるだけの「軸」を持っています。前回の自分と比較して、自分の成長具合を天秤にかけて、どうすれば更なる高みを目指せるかを導き出すだけの芯があります。一方、その「軸」を持ち合わせていない場合、他者と比較して勝ち続けることで、仮想の芯を作っています。すなわちそれは「自分に自信がない」・・・という事になります。
最後に

日常生活では、しばしば「目標と手段が入れ替わっている」事があります。何かを成し遂げる為に「負けず嫌いが」あり、勝ち続ける事で目標を達成することが理想ですが、間違えた負けず嫌いは、勝つために他者を下に見て自分がバーチャル勝者になる事に目標がすり替わってしまいます。

もしこれを読んでくださったご自身がそちらに傾きそうなら、少し状況を見直してみましょう。負けず嫌いが向上心に変わったとき、目標達成までのスピードが格段に速くなるはずですから。

毎日何をするにおいても、選択センタクの連続で、成功するか失敗するか誰にも分らない・・・。「人生は何が起こるかわからないから面白いんだよ」といえるほど、肝も据わっていない・・・。

そんなつもりじゃなかったのにと、自分に言い聞かせてみても、失敗してしまった事実だけは目の前に突き付けられて、目の前真っ白、なんて経験、誰しもが大なり小なり持っていると思います。

失敗しない人なんていないはずなんですが、自分を大きく責めてしまう人と、ケロッとしている人の間には、どのような心の動きがあるのでしょうか。

今回は、些細な言い間違いのうっかりミスから、自信喪失にもつながってしまう大失敗まで、”失敗”について考えていきたいと思います。
「言い間違い」は間違いじゃない!?

彼女や奥さんを呼ぶつもりが、違う女性の名前と”言い間違えて”大げんか・・なんて当人にとっては笑えない話を耳にすることがあります。ただのうっかりミスだと思いたいですが、実は、心に強く根付いているから、口をついて出てしまっているのだ(失策行為)と、フロイトは説いています。

本来、人間の記憶は良い思い出を残しておこうとするようで、前述の言い間違いなどは、過去の良い思い出から想起されている事が多いとされています。しかしながら、彼女や奥さんの気分を害しかねないので注意が必要です。

又、「うっかり口をついて出た言葉」となると、それは自分にとって嫌な思い出から想起された”超本音”である事が多いといわれています。

「失敗は成功の母」は間違いなし

人は失敗した時、「なぜ失敗したのか」「何が悪かったのか」と、頭の中で同じ質問を繰り返し、心は自分に対するヒナンゴウゴウ。失敗が大きければそれだけ心に傷をつけ、記憶に刻みすぎて、同じ状況になれば同じ失敗を繰り返しトラウマ・・・。

前述のように、失敗して自分を責めまくる人もいればケロッとしている人もいる、この差にはちゃんと理由があります。

多くの偉人が「失敗は存在しない」と語ったように、多くの人が勘違いしていますが、失敗の痛手とは、失敗の内容ではなく、その失敗によって自分を責めたかどうかで決まります。

つまり、「失敗した」と自分を責めなければ、それは最初から失敗ではなく、ただの経験です。そしてせっかくの経験ですから、味わい尽くさなければもったいない。失敗から多くを教訓として学べば、それはまさに「失敗」ではなく、経験値大幅アップのチャンスです。
最後に

少し目線を変えれば、「失敗はそもそも存在しない」という考え方ができる事、目からウロコですよね。

しかし、失敗することによって、心がペコっと凹んでしまったとしても、そんな自分を責めたりしては、「失敗から何かを学ぶことに失敗して」しまって、本末転倒です。そんな時は、無理をせず、自分を責めず、その失敗を思い返して笑って話せるようになったら、初めて教訓を学ぶことに挑戦してみてください。その時こそ、大きくジャンプアップできるはずです。

メンタル心理  メンタル心理

関連記事