心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

自然治癒を使った音楽療法と自己嫌悪を治して自分を好きになる心理学

皆さんは音楽療法ってご存知ですか??

聞きなれない名前の言葉であるとは思いますが、今回はこの音楽療法が

いったいどんなものなのかということについてご紹介していきます。

音楽療法とは

音楽を演奏したとき、演奏を聴いたときに音楽が人間に与える生理的、身体的、精神的、社会的な効果を利用することで心身の回復などをサポートする補助的医療方法です。

基本的に音楽を演奏することでの治療「能動的音楽療法」と、音楽を聴くことでの治療「受動的音楽療法」に分かれています。音楽療法は確立された専門職で、トレーニングを積み、資格をもった音楽療法士によって行われます。基本的には資格を得るために1年程度のカリキュラムをこなすことが必要です。

また音楽療法士はピアノ・ギターの演奏が出来ること、歌を歌えることが最低条件ですので、

音楽知識のない方は習得してからのカリキュラム受講となります。

○音楽療法の対象 音楽療法は、どんな人にも役立ちます。たとえ健康な大人でも、音楽療法の恩恵を受けて生きています。車の中で音楽をかけてリラックスしたり、電車の中で音楽を聴いたり、失恋時や勝負時、集中したいときなど様々な場面で私たちは音楽に密着しているといえるでしょう。その中でも音楽療法によっての医療的効果を求めるのは基本的に認知症の方やうつ病の方、精神的・身体的障害を持った方たちが中心です。音楽療法は、出生前から終末期を含めた、人生すべての段階で人々をサポートします。

○音楽療法士の勤務場所 音楽療法士は様々な場所で仕事をします。例としては、精神病院、リハビリ施設、医療病院、外来診療、デイケア治療センター、発達障害者にサービスを提供する機関、薬物やアルコール依存症治療のプログラム、刑務所、高齢者センター、老人ホーム、ホスピス、学校などです。

○音楽療法の歴史とは何ですか? 音楽療法が発展したのは、第一次世界大戦と第二次世界大戦中のアメリカ。その当時、戦争によって身体的および感情的なトラウマに苦しんでいた軍人のため、音楽家が軍人病院に行って音楽を弾きました。医療の現場で働いていた人々や音楽家は、音楽の力に気づいたと同時に、音楽療法を行うにはトレーニングが必要だと実感しました。それが、大学での音楽療法学科設立のきっかけとなったのです。

○音楽療法の内容 音楽療法の内容は、対象者によってまったく違ってきます。例えば、自閉症児との音楽療法と、ホスピスの患者さんとの音楽療法では、全く違った内容になります。例で言えば、自閉症児に対しては知能向上などの目的から能動的音楽療法を、ホスピス患者に対しては心身リラックスのため受動的音楽療法となってきます。ただし、目指す原理は同じです。音楽療法士は、対象者のニーズに基づいて、音楽療法を行っていきます。

顔も嫌い、性格もキライ、誰かに生まれ変わりたい・・・。どうしても自分を好きになれない人、意外に多いのではないでしょうか。

そんな、「自分を嫌いな」ところに、さらに人から批判されると、「やっぱりそう思われているのか」と落ち込んだり、「私の何がわかるの!」とイライラしたり、どの角度から見ても、良い状況ではありません。

ではなぜそのような感情が生まれるのか、自尊心を回復する方法はあるのか、掘り下げて考えてみます。

自己嫌悪のメカニズム

この顔、この性格で何が悪い!と思えるなら、自分を嫌いになる事はありません。

ではなぜ自分を嫌いになるのか・・・それは、理想の自分と現実も姿に差がある事が原因です。本当はここまでできるはずなのに、実際の行動が伴わない・・・。

「なぜうまくいかないんだろう」と思うぐらいなら、そこまで自己嫌悪を抱くことはありません。理想の自分にならなければならないという、強迫観念が強ければ強いほど、そして理想の自分と現実とのギャップが多ければ多いほど、自己嫌悪も強くなります。

好き嫌いは表裏一体

「コンプレックスがチャームポイントになる」という言葉があります。これはあながち間違っていないようです。

物事には2面性があり、「三日坊主」は「新しいものに敏感」だと言いかえる事ができます。これはまさに「言い方」だけの問題で、事実は同じです。そして、自分は三日坊主が嫌いでも、友人はそんな新しいものに敏感なところを非常に評価しているかもしれません。

例えば、すごく嫌いな人がいたとします。でもよく考えるとその相手、実は自分に似ている部分を持っていたという経験はありませんか?脳は、嫌っている感情だけを認識し、対象が自分か他人か、認識できないのだそうです。すなわち、「嫌う」という感情は、自分でも他人でも同じだけ心にダメージを追うという事になります。

そう考えると、「自分の嫌いな部分ってそもそも何?」という事になり、「自己嫌悪」の感情事態がトラップなのです。

自分を嫌いである部分は表裏一体であり、嫌いになるに足りない素敵な部分である可能性が大いにあります。しかしながら自分を嫌いであるハードルが大きすぎて、そこを乗り越えないと、自分を好きになるところまでいかないという事です。

これが、「コンプレックスがチャームポイント」の真実だと思います。

ならば、すごく雑な言い方をすると、勝手にハードルを設けて、それを超えられないと嘆く・・・「嫌う」事がバカらしくなってきませんか?

確実に言えることは、今の自分をまずは受け入れることが、自分を好きになる一番の近道だという事です。

いかがでしたか?

そもそも、自己嫌悪を抱く人は、完璧主義の人が多く、「そうならなければ」と一生懸命になる事で、結果が伴わずに自分を嫌いになるメカニズムにあります。

そういう意味では、自分を好きになる究極の方法は、少し自分を緩め、それを許す事なのかもしれませんね。

関連記事