心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

交友の扉を開こう

心理アニメ

人間関係を広げる

今の人間関係は広いですか?
どれだけ友達がいるのか、その友達の幅は広いのかなど人間関係を見ることがあります。
人間関係はその人のメンタルを安定させるために必要な一つとも言えます。

知らない人とあいさつをすることがありますか?
したことがある人は分かると思いますが、朝ウォーキングをしていると、知らない人とあいさつをすることがあります。
また、田舎に行くとよくあいさつをされます。
あいさつだけでも話すきっかけとなり、人間関係を広げるには役立ちます。

人には3種類の人間関係があると言われています。
その3種類の人間関係とは、パートナーや家族などの「愛の人間関係」、社会に貢献する「仕事の人間関係」、周りの人との関係「交友関係」
です。この3種類の人間関係が全て上手くいくようにバランスを取らなくてはいけません。
ですが、仕事が忙しかったり家族との関係を深めたい、交友関係が大切とは思わないからなどと交友関係はのけ者にされがちです。
交友関係も大切な人間関係の一つなので、これだけはいらないというわけにはいきません。

自分が主催者になる

では、どのように交友関係を作っていけばいいのでしょうか。
まずは、色々な交友できる場所に参加してみることです。
参加してみて、自分に合った場所であればそこで交友関係を広げていくのもいいですし、自分に合った場所がなければ作ればいいのです。
自分が主催者になれば、ある程度自分の好きなように出来ます。
主催することは難しい事ではありません。
軽い気持ちで主催してみましょう。

決める、告知する、続ける

自分で主催する場合に大切なことが、決める、告知する、続けるです。
どこでどんな人を対象にしたのにするのか、時間はいつにするのかなど決めてみましょう。
最初は集まる人数やどのような人が集まるかはわからないものです。
どんな内容になるのかは別として、とりあえず決めてみましょう。

そして次に、告知をします。
友人に教えたり、その友人から自分の知らない友人に伝えてもらったり、SNSをしている場合には告知を載せてみるのもいいです。
そうすることで、色々な人の目に触れることが出来、こんなこともしていると知ってもらうことが出来ます。

最後は、続けることです。
「たった一日しかなかった」「集まりが悪いし辞めよう」など早い段階で辞めないことです。
集まるのは時間がかかるかもしれません。
繰り返し告知していくことで、興味が出てくる人もいるかもしれません。
頻回ではなくても無理のない程度に続けてみましょう。

このようにすることで、交友関係の扉が開いていきます。
そして、交友関係を広げましょう。
自分の気持ちも広げることが出来ます。

関連記事