心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

中年期クライシスと新しい出発

心理アニメ

40代

中年と聞くと何歳くらいを思いますか?
だいたいに人は、40代からを思う人が多いのではないでしょうか。
40代と言えば、「アラフォー」と言われます。40代はまだまだ若いと思う反面、もう40代と思う人もいませんか?
色々な思いが混ざるのが、40代です。
40代になると、それ以前と比べて体の衰えが感じるようになっていきます。
若い頃と同じ仕事の量をこなしていても、終わった後の疲れ方が違うと感じませんか?
仕事が終わった後、外食や遊びに出れたのに今では出来なくなったなどということが起こってきてしまいます。
このように、無理は出来ない年齢であることを感じさせられます。

認めたくはない事ではありますが、字が読みにくくなってしまったり白髪が生えてきたりと見た目でも変化が現れます。
こうして、「老い」を感じてしまうのです。
この時に、自分の中で「もう、若くはない」と心理的にも実感が出てきます。
ですが、日本の平均寿命から見ると40代はまだまだ半分くらいで若いです。
人生のど真ん中なのです。
そう考えると、40代というのは一番いい場所で輝く太陽のように輝いている時期なのです。
良い反面、これから先の将来などを考えると不安になりやすい時期とも言えます。
「このままでいいのだろうか」「ただ年をとっていくだけなのだろうか」などと考えてしまいがちです。

このように将来に対する、期待と不安がある年代ということは、思春期と同じようなところもあります。

自分のペースを持つ

期待と不安のある40代という年代からどのように生活したらいいのか、人生を送ったらいいのかわからない人もいるのではないでしょうか。
かといって今のままの生活を続けて行くことは、体力的にも限界があることは定かです。
そのままでいることが決して悪いわけではありません。
ですが、出来ることと出来ないことがあります。
出来ないことがあった時に、心理的にダメージを追ってしまうこともあるので注意が必要です。
これは、本人が1番よくわかっていることだと思います。

では、どうしたらいいのでしょうか。
それは、「自分のペースを知り、自分のペースを持つこと」です。

色々なストレスからメンタルヘルス不調になってしまいがちな人が多いのが、中年期である40代です。
このようにならないためにも、自分のペースを知り自分にふさわしいペースで自分の道を歩むことが必要なのです。
今までは、早く走りすぎて気付かなかったことにも気づくことが出来るかもしれません。
そうなると、また違った人生を楽しむことが出来ます。

関連記事