心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

メンタルトレーニング

心理アニメ

あなたは本番に強いですか?なかなか本番になると結果がだせない。思うように体が動かない…など

スポーツでも、仕事でも結果が求められるものは本番何もできなかったら、何もなりません。野球に例えたらわかりやすいのですが、そんなに打率は高くないが、チャンスに廻ると、とても打率が高い選手。チームではそんな選手が欲しいですよね。なぜ世の中にはそういったチャンスに強い人、弱い人がいるのでしょうか。そこには大きくメンタル心理が関わっているのです。心理的な教科に成功できればあなたはどんなチャンスが来ても手に入れれる可能性が高くなるでしょう。100%持っているスキルを100%出せることが出来ればあなたは今よりさらにランクアップできることでしょう。

本番になると何が違う!?

本番は練習と違って、一度しかなく結果が求められる場面が多いです。そんな中いつも通りやってみろなんて言われる方が無理があります。なので本番になると、緊張して思うように体や頭が動かなかったり、上がってしまって回りが見えなくなってしまったりなど…そんなことになっては本番結果が出ないのは当たり前です。そのためにはメンタルトレーニングが必要になってきます。

練習中のメンタルトレーニング

練習中のメンタルトレーニング法としては練習でも本番と思って練習すること。これはシンプルで一見簡単そうに見えますが、本番と思って練習するのは難しいことです。しかしこれができるようになると本番になっても動揺しなくなります。それと練習中は常にポジティブに練習しましょう。ポジティブに日ごろから練習することによって、本番に対しても強い気持ちで臨むことが出来ます。本番で最もいけないのが、ネガティブな考えです。失敗したらどうしようなど考えてしまうと、体の動きや頭の回転も鈍くなりがちです。常にポジティブな考えを持って練習しましょう。

スキルを一気に上達させるイメージトレーニング

みなさん。練習の効率を考えて練習したことはありますか?ただ単にやみくもに練習に励むばかりでは、効率の良い練習とは言えません。そもそもなぜ練習しているのかを考えて下さい。それはもちろんスキルを磨くためですよね?しかしスキルを磨くと言っても簡単ではありません。例えばホームランを打つ練習を考えて下さい。ホームランを打つことはとても難しいですよね?練習しててもホームランを打つ選手なんてそうはいません。ではなぜ打てないのしょうか。それは頭が考えているイメージと実際動いている体に誤差があるからなのです。ホームランを打てない選手は、100%と思っていても体はその内の数%しか動けてないのです。それではホームランなんて打てません。100%ならば100%動けるようにならなければいけません。そのために練習をするわけですが、先ほど言ったみたいにただやみくもに練習するだけでは脳は誤差をあまり認知してくれません。誤差をはっきり脳に知らせるためには、イメージトレーニングが必要なのです。練習前にしっかりと完成したスキルを思い描いてみて下さい。そして練習してみると、必ずうまくいきませんが、しっかりとイメージした分誤差がはっきりと頭に残るので、修復を図るために脳と身体が連絡を取り合います。そうすることによって徐々に誤差をなくしていきます。意外ですがこの方法は本当に良く効くので試してみてはいかがでしょうか。

関連記事