心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

日本安全食料料理協会の口コミと評判について

心理アニメ

日本安全食料料理協会の口コミと評判について

日本インストラクター協会は、個人が持っているスキル、を認定する機関です。つまり、自分が何が出来て、どのくらい出来るのかということをアピールすることが可能となってきます。技術者が自分の持っているスキルのレベルを証明することにより、その技術自体のレベル向上も図れます。また、採用側がスキルを持った技術者を雇用する際に、客観的な評価の枠組みを提供することによって、より適切な人員配置を可能にします。さらに、これらを通じて技術者の社会的地位を確立する役割も果たしています。また、企業側はどのような人材が欲しいのかということを把握したうえで基本的な技術を習得することで、そのときの場面や状況に合わせて技術を柔軟に使用することができる人材の育成を目的としています。

どんな認定試験があるの?

コーヒーソムリエ認定試験
コーヒーソムリエ資格認定試験は、コーヒー豆の知識からおいしいコーヒーの淹れ方、焙煎、抽出方法、オリジナルブレンドまでコーヒーについての基礎知識を有していることを認定する試験です。コンビニで本格的なコーヒーが手ごろな価格で楽しめるようになった昨今の日本では、コーヒーが大好きで毎日飲んでいる方も多いと思います。しかし、コーヒーの歴史、コーヒー豆の産地、コーヒー豆の種類、コーヒーカップの種類、生豆の選び方、コーヒーの淹れ方、など、コーヒーに関する深い知識を持った方は少ないですよね。コーヒーに関する知識を習得することで、普段飲んでいる何気ない一杯のコーヒーが格別なものに変わってくでしょう。また、この資格を取得することによって、コーヒーショップの独立開業や、カフェ開業の手助けとなってくれます。

カフェオーナースペシャリスト認定試験
カフェオーナースペシャリスト資格認定試験は、カフェで働きたい方はもちろんこと、カフェ経営を考えている方に最適の試験となっています。カフェ経営の際に必要な知識として、マーケティング、店舗運営の知識、カフェ経営に対する企画と計画、どのような商品、サービスをどのようあ人に届けたいか、カフェの内装はどんな雰囲気にしたいか、など、カフェ経営に必要なスキルを学べる試験となっています。

和食エキスパート認定試験
和食エキスパートとして基本的な和食の知識、技能を学びます。日本食は素材の味を大切にすることに重きを置いて、味付けは質素なものあど、味付けの仕方に特徴があります。また、スプーンは使わないなどの和食なりの所作、飯、みそ汁やお吸い物などの汁、焼き魚などの主菜、野菜の煮物などの副菜、その他副菜から構成される一汁三菜、懐石料理の特徴、和食に用いられる器など、日本食に関する基礎的な知識を習得できる試験となっております。この試験に合格すると、日本料理のキッチンで仕事することが出来ます。また、料理に興味がある人であれば、普段から自分でおいしい和食を作れるようになり、毎日の食事が楽しくなること間違いなしですね。

※日本安全食料料理教会ホームページ参照

その他、日本安全食料料理協会にはバラエティに富んだ資格が豊富にあります。自分の出来ること、できないこと、強み、弱みを認識したうえで取るべき資格を考える事で、これからの将来で活躍できる幅も違ってくるのではないかと思います。

どうやって受験するの?

日本安全食料料理教会のホームページにある受験申込ページにて受験者情報の入力を行います。その後、協会より受験票、問題、解答用紙が送付されてくるので、試験期間の都合のいいに在宅で受験し、解答用紙を協会に送付します。なお、受験料は配送スタッフに代引きでのお支払いとなります。

関連記事