心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

心理学で学ぶ対人関係~魅力を決める3つのポイント~

心理アニメ

対人の魅力を決める要素は様々ですが、心理学の世界ではどのように考えられているのでしょうか。

もしもわかりやすいポイントがあるなら、知りたいですよね。

実は心理学では対人の魅力は、3つのポイントをおさえておけばいいとされています。

そこで今回は、対人の魅力を決める3つのポイントを皆さんにご紹介します。
類似性

まず最初は類似性です。

簡単に言うと、似ているところがあるということですね。

人は、自分に近い人に親近感がわくと言われています。

もちろん自分にないものを持っている人が魅力的に見えることもありますが、基本的には自分と考え方や行動が近い人の方が、一緒にいて過ごしやすいものだと思います。

そこで、人と仲良くなろうと思ったら、共通点を探し出すことを意識しましょう。

趣味、出身地、スポーツ経験、好きな食べ物や音楽、ゲームなど話題はいろいろあると思います。

そういったものの中からお互いの興味や所属が同じものを見つけ出して話題にすれば、仲良くなれる確率が高まるわけです。

外見

次のポイントは外見です。

これは経験として皆さんわかっていることだと思います。

身なりが綺麗な人と汚い人、自分が好きなタイプとそうでないタイプだったらどうしても印象は変わってきますよね。

自分は外見に自信がないからという人も諦めてはいけません。

よれよれの服を着ない、清潔にする、臭いを気にするなど、できることはたくさんあると思います。

自分の顔や体型ときちんと向き合いできることはやる、磨けるところは磨く気持ちが大切です。

そうやって普段から身なりに気をつけることができれば、外見以外にも気を配れる人になり、魅力につながると思います。

近接性

これは、物理的な距離の近さです。

アパートのお隣さんと離れた部屋の人とだったらお隣さんの方が親近感を抱かれやすいわけです。

またこれは以前の記事でご紹介した単純接触効果とも関係してきます。

近くにいると顔をあわせることも増えるでしょうから、その分好感度も上がりやすくなり、魅力的に思われる可能性も高まるわけです。
まとめ

類似性、外見、近接性。これが対人における魅力の3つのポイントです。

この3つを意識することであなたの魅力はぐっと高まりますし、自分の魅力を高めることができたなら、あなたが仲良くなりたい人と仲良くなれることでしょう。

対人関係では、相手と同じところを探し、自分の見た目を磨き、相手の近くいることが大切になるんですね。

良かったら参考にしてみてくださいね。

関連記事