心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

面白心理テスト!絵を描いて心を見よう!

心理アニメ

木の絵を描いて心理状態を見ましょう

みなさんはバウムテストをご存知ですか。
木を描いて、その木や、どこに描いたかで、裏側の気持ち、深層心理まで読み取るテストです。
5分程の時間で、実際に描いてみましょう。
これは、綺麗に書くことが目的ではありません。こうしなければいけないという決まりはないので、自分が思った木を書いてください。

木から読み取る深層心理

描き方

・線が強く太い場合…活発で積極的な人です。ただし、自己主張が強く、意見が通らないときに攻撃してしまうことも考えられます。
・線が細い場合…消極的で、常に不安を抱えています。何かにおびえている可能性もあります。
・線が太いところ、細いところがある…情緒不安定で、いきなり突拍子もない行動をとることがあります。
※線の太い細いが分からない場合は、筆圧で確認しましょう

絵の描くスピード

・かなり早い…思い立ったらすぐに動いてしまう人です。しかし、例えば衝動買いなどしてしまい、後悔することも多々あります。
・丁寧で遅い…慎重で真面目な人です。しかし、時間になってもまだ終わらない場合は、考えすぎて動き出せなかったり、いつもワンテンポ遅く、チャンスを逃してしまうことが多い人でしょう。

絵を描く順番

・木を描いた後地面を描く…基本的には安定しているか、時折感情が爆発してしまう場合があるので、こまめに息抜きが必要です。
・葉を一番最初に描く…表面的な部分で見栄を張っているが、満たされていない状況です。
・地面を描いてから木を描く…依存体質の傾向があります。

木のサイズ

・大きすぎる木…自分に自信があるタイプですが、自分を中心に考えてしまう傾向があります。
・小さすぎる木…自分に自信がなく、常に不満、不安を抱えています。

木の位置

・用紙の真ん中…気持ちは安定しています。
・用紙の右側…知らないうちに、相手へ強い言葉をかけてしまうなど、支配しようという動きをしてしまいます。
・用紙の右上…慎重で、かつ計算をして何事も始める人です。
・用紙の右下…自分を中心で考えやすく、ナルシストな面も持っています。
・用紙の左側…自分の殻にこもりやすく、現実逃避する傾向がみられます。
・用紙の左上…芸術的な思想を持っています。しかし、ひきこもりの傾向もある人です。
・用紙の左下…過去のトラウマを引きずり、将来へ対する不安を感じている。
・用紙の上側…妄想をすることが好きで、何かに取り組んでもすぐに飽きてしまいます。
・用紙の下側…現実主義な人です。

木のバランス

・綺麗な左右対称…不安定で、劣等感や自己抑制を抱えているため、引きこもりや、何かに依存している可能性があります。
・左右の非対称の絵…気分が高まりすぎていて浮いた存在になってしまいます。ヒステリックで、人を傷つけてしまう可能性があります。
・マンガチック…ユーモアはあるものの、現実逃避する傾向があります。何事もひねくれた見方をしてしまう場合もあります。
・2本描いている…新しい自分に生まれ変わろうという表れです。
・3本以上描いている…集団行動の中で苦しんでいる可能性があります。どう動けばいいか悩んでいるのかもしれません。
・リアルに細かいところまで描いている…完璧主義すぎるところがある人です。優先順位が付けられず、パンクしてしまう可能性があります。

メンタル心理  メンタル心理

関連記事