心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

心理的瑕疵物件情報東京版

心理アニメ

人が行き交う大都市東京、実は東京には心理的瑕疵物件が多数存在します。

多くの人がいるからこそ、人の数だけストーリーもあり事件や事故が多いのです。

心霊スポットも多く、将門の首塚やお岩稲荷と、大都市東京の中にひっそりと佇んでいます。

心理的瑕疵物件サイト「大島てる」で調べると、東京の物件数は群を抜いています。

また、大島てるでは心理的瑕疵物件の画像も掲載されているものもありますので、気になる方は御覧くださいね。

実は怖い東京のいわくつき心理的瑕疵物件をご紹介します。

東京都S区宿泊施設の心理的瑕疵物件情報

こちらは現代も営業されている宿泊施設です。

1970年代から3年の間に3件もの飛び降り自殺が続き、殺人事件も2件起こりました。

地元民には有名な事故物件宿泊施設。

様々な事件や事故の背景には何か心霊的な要因が隠されているのでしょうか…?

東京都T区総合ビルの心理的瑕疵物件情報

拘置所跡地で、戦後多くの死刑が執行されたという心理的瑕疵物件です。

土地柄的に、いわくつきの物件なので心霊現象が多発しています。

建設中から、夜うめき声が聞こえ、オーブを見た方、火の玉が飛んでいたなどの噂が絶えなかったとのことです。

現在は総合ビルになっていますが、転落死や自殺などもあるようです。

大都市とはいえ、いわくつきの歴史が背景にある場所は心理的瑕疵物件となることが多いですね。

東京都S区激安賃貸物件の心理的瑕疵物件情報

東京都の中心部でありながら家賃が1ヵ月1万円の激安賃貸。

心理的瑕疵物件の告知物件で自殺があった部屋だそうです。

入居後、雑音が聞こえたり、電化製品がついたり消えたり…

お祓いをしてもらってからは現象が収まったそうです。

東京都I区集合住宅の心理的瑕疵物件情報

飛び降り自殺者が多いことで有名な集合住宅。マスコミから「自殺の名所」と呼ばれ、全国から自殺を希望している人が集まるようになった場所です。

現在は、高層部にフェンスをしたり屋上へ入れないように対策がとられていますので飛び降り自殺は減りましたが、フェンスを使い首つり自殺をする人が増えたそうです。

東京の心理的瑕疵物を知りたい方へおすすめ小説

原田 ひ香さんが著書した小説「失踪.Com 東京ロンダリング」では事故物件に関わる人々の ストーリーがオムニバス形式で書かれています。

心理的瑕疵物件は次の入居者へ告知義務がありますが、そこへ心理的瑕疵物件でなくなるようにロンダリング(きれいにする)仕事の話です。

筆者も読みましたが、人と人の関係性が面白く読みやすい内容で、心理的瑕疵物件の多い東京なら本当にある職業なのだろうか…と読んでいると世界観に引き込まれる内容です。

心理的瑕疵物件に興味をお持ちの方はぜひ読んでみてくださいね。

東京心理的瑕疵物情報のまとめ

いくつか東京の心理的瑕疵物件、いわくつき物件をご紹介しましたが大都市で人口の多い東京、その分人が亡くなったり事件や事故が多いのは当たり前なのですが、歴史的背景も合わせるとゾッとするような物件も多いですね。

心理的瑕疵物件情報は不動産屋に告知義務がありますし、現在では不動産情報サイトにも「告知物件」「特別募集物件」など様々な書き方で心理的瑕疵物件であることを表示されています。サイト内では詳細は分かりませんが、直接問い合わせて心理的瑕疵情報の内容を聞くこともできますので、入居を検討されている方は、必ず入居前に確認するようにしましょう。

メンタル心理  メンタル心理

関連記事