心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

心理学を活かしたお仕事~分野ごとの心理職~

心理アニメ

心理学を仕事にして働いている人には一体どのような人がいるのでしょうか。心理学を生かして困っている人を支援する仕事はとても素敵ですよね。そこで、今回はいわゆる心理学を仕事のツールとして使っている心理職についてまとめてみます。

医療分野の心理職

主に病院やクリニックなどで患者さんの診断や治療を行う人たちのことをいいます。精神疾患や人格障害、発達障害などさまざまな症状をもつクライアントの方を支援するお仕事であるといえます。入院施設を兼ね備えた大きな病院から、心療内科やクリニックなどさまざまな形態の医療機関で働く専門家です。病院の中には医師や看護師、薬剤師、理学療法士、事務員等さまざまな職種の人が働いていますので、クライエントのために密な連携を図りながら仕事をしなくてはいけません。

福祉分野での心理職

児童相談所や療育センター、児童福祉施設などで心理カウンセリングなどを行います。診断業務として、心理検査などを行い、子どもの発達や問題などの相談業務にあたります。また、虐待を受けて心に傷を負った子どもたちなどに対してプレイセラピーなどを行って心理的治療を行うこともあります。福祉分野の心理職は幅が広く、児童の分野などだけではなく、女性相談センターや母子支援施設など、女性を支援する福祉的施設で働く心理の専門家もいます。施設から直接雇用される場合もありますし、地方公務員として自治体に所属した上で、働いている心理職の人もいます。

司法分野の心理職

司法分野で有名な心理の仕事の一つに家庭裁判所の調査官という職業があります。この調査官になるためには、必ずしも心理学を修めていなくてはいけないというわけではありませんが、職務上心理の手法を多く使います。家事事件や少年事件において心理学を応用して支援を行います。他には、少年院や刑務所などで、カウンセリングやグループセラピーなどを行う仕事もあります。

産業分野の心理職

産業分野の代表的な心理職の方には、一般企業の中で、職員のメンタルヘルスのために心理を活かして仕事をしている人がいます。最近では企業内の心理カウンセラーのほか、企業外の心理カウンセラーも増えてきているようです。何らかの事情により、会社を休職になってしまった人が復職するために、カウンセリングを行ったり、コンサルテーションを行ったりします。

教育分野の心理職

教育分野の心理職としては、各学校に配置されているスクールカウンセラーがあります。スクールカウンセラーはかなりの数が増えてきていますが、自治体によって配置数は異なっており、まだまだ不足している現状があります。その他には自治体の教育委員会等が運営している教育センターなどで子どもの相談にのる心理カウンセラーもいます。

研究分野の心理職

大学において心理学の知識や実践を深めならが研究を行っている人がいます。心理学の研究を行っている人の多くが、過去に臨床の現場で働いた経験をもっている人であるといえます。臨床から湧き出てくる疑問や問題点について考え、今後の心理学の発展のために研究を行っているといえます。また、研究分野で働く心理の人は心理を活かして働く後継者を育てるという責務も負っており、さまざまな事例研究会や学会などでスーパーバイザーとして活躍されています。

心理としての専門性

主な心理カウンセラーの活躍の現場をあげてみましたが、とてもバラエティに富んでいますね。そのため、それぞれの現場で求められる心理学の知識や技術も異なってきます。心理職についてからも、それぞれの専門性を各自が身につけていく必要があります。

関連記事