心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

心理学を学ぶことができる大学について

心理アニメ

近年では、心理学を学ぶことができる大学はかなり増えてきました。かつては文学部の一部に心理学を学ぶことができる学科がくっついていたり、教育学部の中に心理学科が入っていたりしていました。しかし、最近では心理学部が多く存在しているといえるでしょう。大学では心理学についてどういった内容を学ぶことができるのでしょうか。大学で学ぶことのできる心理学について少しまとめてみたいと思います。また、最後には心理学の大学院についても少し触れています。

基礎心理学

心理学は人間の心のメカニズムを科学的に解明していく学問になっています。心理学では人の心と体が環境によってどう影響しあっているのかについて考えます。また、その結果人間の心と体がどのように反応し、行動し、変化していくのかを科学的に研究していく学問といえます。大学の心理学部においてはまず基礎心理学といわれる心理学の基本について学ぶことになるでしょう。

その後には、応用分野として、臨床心理学や異常心理学、犯罪心理学などを学ぶことができるものと考えられます。

カリキュラムについて

通常は1年次に心理学概論など基礎科目を履修することになると考えられます。座学での講義が多いかもしれません。心理学が今まで発展してきた歴史も学ぶことになるでしょう。2年次になると、人格心理学や社会心理学といった心理学の裾野の部分を学ぶようになるでしょう。また、2年次あるいは3年次になると、心理学実験の授業が入ってくることも多いようです。アンケート調査や被験者にお願いする実験などを行い、統計的処理を行って結果を算出するということが課題としてでることがあります。4年次になると、卒業論文が卒業要件として出されている学部が多いと考えられますので、自分でテーマを選び執筆していくことになります。

講義の内容などについては各大学によって特色がかなり異なるようです。教授陣によっても、実験系心理学が強い大学、臨床系の心理学が強い大学などわかれるでしょう。臨床心理学の実習などがある大学もありますので、自分が心理学の中でもどういった内容を学びたいのか明確にしておくとよいでしょう。

心理学の大学院

心理学という学問は、学部レベルでの知識だけでは、実際の臨床現場ではなかなか歯が立たないのが実情です。また、心理学の知識を深めるだけでは、臨床の現場でクライエントの支えになることはできません。実際に臨床の現場で場数を踏んでいくことも重要となるのです。この臨床の技術を磨いていく場所として心理学の大学院に進学する人は非常に多いといえます。

心理学系大学院について

臨床心理士の資格試験を受験するためには、大学院の修士課程を修める必要があります。そのため、心理学を学べる大学院は比較的多くあります。しかしどの大学院でもよいということではなく、指定された大学院の卒業が必要となります。また、大学院の中にも第一種の指定校と第二種の指定校にわかれており、第一種の指定校の修士課程を修めた場合には大学院卒業後にすぐに臨床心理士の資格試験を受験することができますが、第二種の指定校で修士課程を修めた場合には一定期間の臨床経験を経ないと受験資格を得ることができません。

心理学の何を学びたいのか

大学であっても大学院であっても、自分が心理学の中でもどういった内容に興味があって、どういった学びを深めていきたいのか、明確にすることが重要です。そういった自分の方向性を明確をしていくためにも、心理学のいろいろな分野の本を読んで、心理学の内容の幅広さについて知ることが大事だといわれています。たくさんある大学や大学院の中でも、自分が学びを深めたいと思っている分野について研究している教授のいる大学・大学院に進学できるといいですね。

関連記事