心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

心理カウンセラーの資格の種類と心理カウンセラー資格の難易度

近年は心理カウンセラーという職種の需要がますます高まってきています。心理カウンセラーという言葉を耳にすることも増えてきています。そのため、心理カウンセラーになりたいと考える人も以前に比べると増えてきているように感じられます。しかし、この心理カウンセラーの定義は非常に曖昧で、とても分かりにくいのが現状であるでしょう。近年では、こういった現状から心理カウンセラーの資格がとれる場所も増えてきており、資格の種類も多様化しています。

そこで、今回は代表的な心理カウンセラーの資格の種類をまとめてみたいと思います。

心理カウンセラーの代名詞「臨床心理士」

心理カウンセラーを名乗る一番代表的な資格がこの臨床心理士という資格になります。こちらは国家資格ではなく、臨床心理士会による認定によって資格を授けられるものですので、民間資格となります。また、現状では臨床心理士の資格試験を受験するためには、大学院の修士課程を修める必要があります。また、どの大学院でもよいということではなく、指定された大学院の卒業が必要となります。また、大学院の中にも第一種の指定校と第二種の指定校にわかれており、第一種の指定校の修士課程を修めた場合には大学院卒業後にすぐに臨床心理士の資格試験を受験することができますが、第二種の指定校で修士課程を修めた場合には一定期間の臨床経験を経ないと受験資格を得ることができません。

また、臨床心理士の資格には更新制度がありますので、日頃から学会等に出てポイントを貯めておかないと資格をはく奪されてしまいます。そういった意味では非常に厳しい資格といっていいでしょう。

産業分野の心理「産業カウンセラー」

産業カウンセラーとは日本産業カウンセラー協会が認定する民間資格のことをさします。試験に合格すると、産業カウンセラー協会に資格登録をすることになります。資格登録をすると、産業カウンセラーとして働くことができます。この産業カウンセラーは、心理学の手法を基づいて働く人たちを援助する仕事に就きます。こちらの産業カウンセラーは20歳に達していれば学歴不問の産業カウンセラー養成講座を受講することができ、そちらを卒業すると受験資格が与えられます。

また、実務経験等がある場合には講座を受講しなくても受験資格が与えられることもあります。こちらは比較的試験の合格率の高い試験といえます。企業な組織の中で必要とされることのある資格となっており、活躍の場所も広い資格です。

よく耳にする「認定心理士」

認定心理士とは日本心理学会が認定した民間資格のことをさします。基本的な心理学の知識やカウンセリングの技能を有していることを証明するものと考えてよいでしょう。そのため、認定心理士の資格を取得するためには、資格試験があるわけではなく、大学で心理学の授業を受講したことを認定申請することで認定されます。最低限の心理学の知識を得ていることの証明となっていますので、認定心理士の資格をもっていることは、そのまま就職にはつながりにくいかと思われます。

しかし、こちらの資格を取得してから、次の資格にステップアップしていくことも多いため、こちらの資格を取得する人も多いようです。

心理カウンセラーの資格種類について

このほかにもたくさんの民間資格がでていますが、この3つが代表的なものであるといえます。また、現在臨床心理士の国家資格化の動きが進められており、近年中に詳細が発表されると考えられます。心理カウンセラーとして働くことを考えている人は今後注目しておく必要があるでしょう。

心理カウンセラーの難易度

心理カウンセラーの資格にはさまざまな種類のものがあります。どれも心理カウンセラーのための資格といえるのですが、資格の種類によって難易度がそれぞれ違っていますので、難易度ごとに心理カウンセラーの資格をみていきたいと思います。

臨床心理士

心理カウンセラーを名乗る一番代表的な資格がこの臨床心理士という資格になります。こちらは国家資格ではなく、臨床心理士会による認定によって資格を授けられるものですので、民間資格となります。また、現状では臨床心理士の資格試験を受験するためには、大学院の修士課程を修める必要があります。また、どの大学院でもよいということではなく、指定された大学院の卒業が必要となります。また、大学院の中にも第一種の指定校と第二種の指定校にわかれており、第一種の指定校の修士課程を修めた場合には大学院卒業後にすぐに臨床心理士の資格試験を受験することができますが、第二種の指定校で修士課程を修めた場合には一定期間の臨床経験を経ないと受験資格を得ることができません。
そのため、臨床心理士の受験資格をとるまでにかなりの時間がかかるといえ、難易度の高い資格といえるでしょう。また、臨床心理士の試験の合格率も60%程度であるとのことであり、生半可な気持ちで受験をしてもそう簡単に取得することはできないでしょう。

産業カウンセラー

産業カウンセラーとは日本産業カウンセラー協会が認定する民間資格のことをさします。試験に合格すると、産業カウンセラー協会に資格登録をすることになります。資格登録をすると、産業カウンセラーとして働くことができます。この産業カウンセラーは、心理学の手法を基づいて働く人たちを援助する仕事に就きます。こちらの産業カウンセラーは20歳に達していれば学歴不問の産業カウンセラー養成講座を受講することができ、そちらを卒業すると受験資格が与えられます。また、実務経験等がある場合には講座を受講しなくても受験資格が与えられることもあり、社会人にも取得のチャンスがあります。試験の合格率は60%程度ですが、取得までの道のりはそれほど大変ではなく、難易度はそれほど高くないといえます。

メンタル心理士

日本学習事業会が認定する心理学の民間資格のうちの1つです。こちらの資格はメンタル心理士実践力養成講座を受講することにより、資格を取得することができます。養成講座はいつでも受講が可能であり、気軽に資格取得を目指すことができます。また、受講のための期間は約半年程度であり、比較的短期間で取得できるものとなっています。そのため、難易度としては低いといえます。

認定心理士

認定心理士とは日本心理学会が認定した民間資格のことをさします。基本的な心理学の知識やカウンセリングの技能を有していることを証明するものと考えてよいでしょう。そのため、認定心理士の資格を取得するためには、資格試験があるわけではなく、大学で心理学の授業を受講したことを認定申請することで認定されます。受験ではなく、認定申請により取得できる資格であり、難易度は低いといえるでしょう。最低限の心理学の知識をもっていることの証明でしかないともいえます。

心理カウンセラーの資格を取得する目的を明確に

難易度は資格の種類によってさまざまであるといえます。そのため、何の目的でその資格を取得するのか、などしっかり考えた上で、資格取得のための行動計画をたてることが必要といえます。

関連記事