心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

あなたの苦手な色で心が分かる無料心理テスト

心理テスト面白い

「色」は毎日様々な場所で見かけたり、選んだり私達の日常と深く関わりがあるものです。

右脳を刺激する視覚によって直接的に好きな色や苦手な色、色のもつ効果が働きかけられています。好きな色や苦手な色というものは、そのときの体調や心の状態、年齢、環境によって異なるものを選びます。

そのため、今のあなたの心の状態を知る一つの心理テストとして用いられることが多いです。

これから行う色の心理テストによってあなたの深層心理を覗いていきましょう。

苦手な色はどれ?色で分かる深層心理テスト

白・黒・赤・青・ピンク・紫・黄・オレンジ・緑・茶の10色からあなたが苦手な色はどれですか?苦手な色が特にないという方は、あまり身に着けない服や小物の色を選んでください。

白が苦手な方

白は理想や清潔感を表します。白が苦手な方は正義感を振りかざしていたり、偽善者、完璧主義者が苦手。

ある程度おおざっぱに過ごしたいあなたは、完璧な仕事や性格を求める白タイプの人とはうまく付き合えません。

黒が苦手な方

黒は暗く負のイメージが強い色で孤独や秘密主義を表します。黒が苦手な方は暗いタイプや無口で何を考えているか分からない方が苦手です。

明るいタイプとばかり付き合いたいあなたですが、黒のイメージをもつタイプの人は思慮深く、思考能力に優れている人が多いです。あなたとは違う視点を持つタイプなのでうまく付き合えるようにしましょう。

赤が苦手な方

パワフルで情熱的な赤、あなたはリーダータイプや主導権を握りたがる人が苦手です。派手なタイプや前に出ようとするタイプの人を自然と避けてしまいます。

赤が好きな人は時々周りが見えていないので、周りが疲れるかもしれませんが決断力もあり、グループに1人は必要なタイプです。

青が苦手な方

青は海や空など自然をイメージする色ですが、冷静さや冷たさを同時に表しています。

青が苦手な方は上品で冷静、上辺だけの付き合いが苦手なタイプです。

人間同士の内面のつながりも大事にしたいあなたですが、社会では上辺の付き合いも必要。臨機応変に対応しましょう。

ピンクが苦手な方

ピンクは幼さや可愛らしさがイメージの色です。ピンクが苦手な人は甘えた考えやロマンチックな夢の話が苦手なタイプです。

頭が固く、いささか現実主義すぎるあなたですので、少し頭を柔らかくして甘い夢の話でも語ってみましょう。

紫が苦手な方

神秘的で非日常的な色である紫、自然界や動物でもなかなかない色ですよね。

あなたは想像を働かせたり、オカルティックなことが苦手です。

しかし、この世の中には未知数のものが多く存在しますので、神秘的なことであってもおかしくないと思う柔軟さが必要です。

黄が苦手な方

黄色はビタミンカラーでフレンドリー、明るい色です。人と仲良くなりたいときに黄色いものを身に着けることで親密性がアップすると言われています。

黄色が苦手な方は人と親密になることを少し避けている傾向にあります。

コミュニケーションが苦手だったり、誰とでも仲良くなれるタイプの人が苦手だったり…

円滑な交流をするには、人と人とのコミュニケーションが大事。

黄色いハンカチでも持ってみましょう。

緑が苦手な方

緑は平和や調和、穏やかさを表します。緑が苦手な方は少しイラチな方が多いです。緑は青と黄の中立の色、人間関係でもどっちつかずの人が苦手でしょう。

穏やかに問題解決するには、緑のような中立の考えも必要ですよ。

いかがでしたか?

自分では苦手なタイプって気づかないかもしれないですが、知らず知らずのうちに避けていたり、友達にならなかったりしますよね。

色んな人とコミュニケーションをとることで自分自身の視野も幅広くなっていきますので、苦手な人ともうまくお付き合いできるようになったらいいですね。

メンタル心理  メンタル心理

関連記事