心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

身体表現性障害と性同一性障害の原因や症状・種類・治療法のまとめ

身体表現性障害とは

身体表現性障害は、病院で検査を受けても何も異常がみあたらないのに、身体のあらゆる部分に痛みや吐き気、しびれなどの身体的な症状が繰り返し生じ、長い期間にわたり続く病気です。

この病気は、心理的問題が身体にあらわれて起きる病気で、さまざまな苦痛をともなうため症状を訴える人の多くは日常生活や社会生活に支障をきたすようになり、生涯にわたり持続してしまう場合があるので注意が必要です。

検査を受けても異常がないのですが、本人は実際につらい症状を感じているので、けして虚偽の訴えではありません。

30代以前に発症することが多く、男性よりも女性の方が圧倒的に多く発症します。

身体表現性障害の原因

この病気の原因はいまだにはっきりとはわかっていませんが、遺伝的な素質やストレス、性格、心身の過労、教育環境など心理社会的要因が関係しているといわれています。

どちらかといえば神経質な性格の人や不安をかかえやすい人に多くみられますが、原因解明が非常に難しい病気です。

身体表現性障害の症状

身体のあらゆる部分に症状が起こり、身体のさまざまな痛み、吐き気、嘔吐、胃腸症状、性機能の障害、ふらつき、麻痺などが繰り返し起きます。

また、精神症状としては抑うつ気分や過度の不安があることが多く、症状が慢性化してしまうことも多いです。

身体表現性障害の5つの種類

身体化障害

30歳以前の発症が多く、身体の痛み、消化器系の不調、皮膚の不調などが何年にもわたり繰り返し起こりますが検査を受けても異常がみあたりません。

男性よりも、女性が圧倒的に多い病気です。

転換性障害

10代~20代に多く、神経障害としてあらわれますが、詳しく検査をしても異常がみあたらず、麻痺、失声、幻覚などの症状があらわれる病気です。

心理的な葛藤が神経症状に転換してしまう病気です。

疼痛性障害

社会生活が困難になるほどの重度の痛みが生じます。

身体のあらゆる部分に痛みが生じますが、特に、頭部、胸部、背部などに生じることが多いです。

疼痛性障害は症状が慢性化し治療が困難になる場合が多くあります。

心気症

ささいな心身の不調に自分は重篤な病気にかかっているのではないかと強く思い込んでしまい、医学的な保証を受けても思い込みから解放されず、執拗に検査を繰り返し病院を、転々としてしまう病気です。

身体醜形障害

まわりから見たら何の欠陥もなく普通に見えるのですが、この病気は自分の容姿に大きな欠陥があると強く思いこみ、常にそれを意識しすぎて苦痛をともない行動範囲が狭められ、社会生活に支障をきたすようになります。

身体表現性障害の治療方法

この病気の根本的治療方法はいまだにはっきりとはわからず、長期化する場合があります。まずは、主治医との信頼関係がとても重要になり、安定した関係を築きあげてから身体的な問題はないということをきちんと理解し納得することからはじめなければいけません。

抗うつ薬や抗不安薬などの薬物療法、心のストレスを少しずつ軽くしていく認知行動療法などがあります。

しかし、薬物療法では、身体症状の改善を求め薬に頼りすぎ、結果的に薬の使用量が増えてしまう場合があるので注意が必要です。

性同一性障害という言葉を聞いたことはありますか。この言葉は比較的耳にすることが多いかもしれません。しかし、好奇の目にさらされることは多いものの、しっかりと病気についての理解がなされているかというと疑問が残ります。この性同一性障害についてみていきたいと思います。

性同一性障害とは

性同一性とは、自分の性別についてはっきりと認識しており、その性に対して社会で期待される性的役割を習得し、また実行していくことをいいます。ですので、性同一性障害の患者さんは自分の性別と社会的に期待される性別とに齟齬が生じていると考えられます。この性同一性は所属する文化や社会によって期待される役割等が異なってくるため、性同一性の現れ方や考え方は社会や文化によって多様であるといわれています。

性同一性障害でみられる症状

性同一性障害の患者さんにとって身体的性別と社会的に期待される性別の不一致から生じる症状は大きく3つあると考えられます。1点目は自分の性別に対して嫌悪感情が生まれ、自分の性別を忌避するようになります。2点目は反対の性別に対して強い同一感を抱くようになります。この感情は一時的なものではなく長期的なものです。3点目は反対の性別として自分の性的役割を全うしようとします。

性同一性障害の治療方法

性同一性障害の治療方法としては、まず第一に器質的な障害が原因になっている場合があります。したがって、泌尿器科や内科などで脳神経系や内分泌系に関する検査を十分に受け、身体疾患について精査していくことが必要になります。器質的な異常がないとなった場合にはじめて性同一性障害について検討する段階に入ります。性同一性障害の治療方法としては薬物療法と心理療法の二本立てで行われます。不安や抑うつ感情がつよければ抗不安薬などが処方されることがあるでしょう。気持ちが落ち着くことで、問題が軽快することも多いといわれています。しかし、心理的な原因がある場合には、それだけで問題解決することは少なく、長期間にわたる心理療法が必要になることもあります。また、近年では内分泌療法(ホルモン療法)や外科的治療を行うことも多いようです。内分泌治療は、十分な心理療法を行っても自分の性別と社会的に期待される性別の不一致に悩み、身体的特徴を社会的に期待される性にあわせたいと希望するときに選択されます。また、その次の段階として、外科的療法があげられます。こちらは外性器等に外科的に手を加え、主として反対の性別に近づけることを言い、性別適合手術と呼ばれています。

性同一性障害にまつわる問題

性同一性障害の患者さんに対する医療的な環境や社会的環境は現時点では完全に整っているとはいえません。医療環境としてもとても不十分であり、専門とする医療機関が現状では非常に少ないです。また、内分泌療法や外科的療法についての保険適用がまだないため、今後の課題になっています。また、反対の性別で生活を開始する場合に問題にあるのが、名前や戸籍での性別の表記です。こういった書類上の性別の変更も簡単にできるわけではないため、性同一性障害の患者さんにとってまだまだ生きにくい社会であるといってよいでしょう。

関連記事