心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

自律神経失調症や更年期障害の症状や原因と治療について

自律神経失調症という言葉を聞いたことがありますか。もしかしたら聞いたことはあるかもしれませんが、症状について詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。自律神経失調症は不規則な生活習慣によって、身体を働かせる自律神経のバランスが乱れるために起こる身体の不調のことをいいます。以下に詳しくみてみましょう。

自律神経失調症の症状

自律神経失調症の症状は数えきれないくらいあります。この病気では一つの症状が現れるということではなく、同時にいくつもの症状がでることがあります。また、この自律神経失調症の特徴として、ずっと同じ症状が続くわけではなく、症状が変化していくということがあります。身体症状の例としては、頭痛、偏頭痛、疲れ目、ドアライアイ、眼精疲労、耳鳴り、耳の閉そく感、のどの異物感、口の渇き、口の痛みといったものがあります。また、同期、めまい、全身ののぼせ、呼吸の苦しさ、胃炎、過敏性腸症候群、食欲不振、皮膚のかゆみ、頻尿、首や肩のこり、筋肉の痛み、手足の痛みなどさまざまなものがあります。自律神経失調症の精神症状としては、感情的になりやすい、不安感、ネガティブ思考といったものがあります。また、無気力になりやすく、集中力の低下や記憶力の低下を引き起こすこともあります。こういった症状については検査をしても異常がないことが常です。

自律神経失調症の原因

自律神経失調症の原因は患者さんによって異なりますので、一概にこれとはいえません、以下に原因になりやすいものをあげてみます。まずは、生活のリズムの乱れがあります。また、過度なストレスや人間関係上の問題があげられます。また、患者さん自身がストレスに弱い体質だったりストレスに弱い性格だったりすると、この病気にかかりやすいとされています。環境の変化のほか、女性の場合には女性ホルモンの働きが自律神経にも影響を与えているといわれています。

自律神経失調症の治療

自律神経失調の治療は、患者さんの症状や性格によって身体と心に働きかける場合や生活環境の調整を行う場合など異なります。一般的には薬物療法や心理療法が行われます。また、指圧やマッサージや整体、ストレッチなどの理学療法が効果的なこともあります。自己管理によるライフスタイルの見直しとして生活習慣を見直すことも重要です。食事や睡眠、運動などを見直し、心にゆとりをもてるようにすることが多いようです。

自律神経失調症の治療としての自律訓練法

自律神経失調症では、自律訓練法によるセルフコントロールが行われることがあります。自律訓練法では心理的側面と合わせて生理的側面が重視されていることが特徴です。自律訓練法では練習を積み重ねることによって心理的には身体感覚への特有の受動的注意集中を通して、心身の変化や外界の諸現象に対する受容的態度をつくっていくものです。そのことによって、自我の防衛が変化して、気持ちや感情が解放されていくのです。自律訓練法はセルフコントロールの技法であり、練習方法も自然な心身の変化過程にそって体系的に構成されています。家庭でも練習をすることができるので、自律神経失調症等で悩んでいる人は一度取り組んでみることをおすすめします。

更年期のこころの病気についてみていきたいと思います。特に大きな問題としては更年期障害というものがあげられます。更年期とは生殖能力が備わり充実する性的成熟期から次第に生殖能力を失っていく過渡期の時期をさしており、老年期に移る移行期であるといえます。女性の場合、更年期は50歳を中心とした前後5年間程度を指しています。この時期に閉経が起こり、さまざまな体の不調や精神的な不調を訴えることが多くなるのです。

更年期の特徴について

まず、身体的には卵巣機能が低下します。更年期になると卵巣の機能の低下の結果、女性ホルモンの分泌が急激に減少していきます。そのため、間脳が女性ホルモンを何とかだそうと活発に活動する結果、興奮状態になります。間脳が興奮した結果、精神的、肉体的にさまざまな症状がでるのです。また、社会的な環境の変化が大きい時期がこの更年期であるといえます。特に子どもたちの進学、就職、結婚といった出来事を契機に親元から離れる時期になってきます。そのため子ども中心であった母親は具体的な生活目標を失い、不安定な状況に陥ることが指摘されています。また、夫の退職などを契機に夫婦関係にも変化が生まれることがあり、こういった社会的な変化が更年期の症状を悪化させている場合があります。

更年期障害の症状について

更年期障害の症状としては以下のものがあげられます。この症状がでるのは女性の約半分程度といわれています。しかし症状の出方は人によって異なっており、症状の程度や症状がでる期間などは個人差が非常に大きいと考えられます。まず、血管運動障害による症状として、のぼせや冷や汗、手足の冷え、心悸亢進といった症状があげられます。次に精神神経障害によるものとして、めまい、耳鳴り、頭痛、不眠、いらつき、神経質といった症状を呈します。知覚神経障害による症状として、手足のしびれ、知覚の過敏や鈍麻、蟻走感といったものがみられることがあります。さらに筋肉運動器官障害によるものとしては、腰痛、肩こり、関節痛があります。泌尿生殖器障害によるものとして、頻尿、排尿痛といったものがあります。また、消化器障害によるものとして、食欲不振、吐き気、便秘、下痢といった症状が出る方もいらっしゃいます。こうした症状をだす方の中で治療が必要になるのは、約一割程度といわれています。

更年期障害の治療について

更年期障害の治療については薬物療法と精神療法が考えられています。薬物療法として、エストロゲンを主としたホルモン補充方法があります。のぼせやほてりといった肉体的な障害にはかなり効果があるでしょう。精神安定剤や睡眠薬が処方されることもあります。この場合はゆううつ、いらいら、不眠といった精神症状に対して抗不安薬や睡眠薬等が処方されます。このほか、漢方療法というものがあります。漢方療法では、体質や症状にあわせて当帰芍薬散や加味逍遙散や桃核承気湯といったものが使われることがあります。漢方療法は長期的な治療が必要な場合には有効であることがおおいです。更年期の女性がすぐに更年期障害と自己診断することは危険なことですので、純粋な更年期障害からくるものなのか、精神疾患からくる精神症状なのかしっかりとみてもらうためにも専門の医師の診察をあおぎましょう。

関連記事