心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

老年期うつ病や老年期せん妄の特徴と症状や治療について

老年期うつ病という言葉を聞いたことがあるでしょうか。老年期うつ病はその名の通り、老年期に発症するうつ病のことをいいます。一般的なうつ病と症状に大きな違いがあるわけではありませんが、老年期のうつ病に特徴的な事柄がいくつかありますので、以下に詳しくみていきたいと思います。

老年期うつ病とは

うつ病は人生のいずれの時期においても発症するものです。しかし、65歳以上の人にうつ病が多発しやすいので、老年期うつ病という名前がつけられました。通常は50歳前後に発病したうつ病のことを初老期うつ病であるとか、退行期うつ病といった名前で呼びます。うつ病は中年期において一番発症しやすいといわれていますが、二番目に発症しやすいのが老年期になのです。老年期うつ病の病気にかかっている人は老年期の人口の中で5%程度いるといわれています。

老年期うつ病の特徴について

老年期うつ病の特徴としては遺伝的な要因が少ないことがあげられます。また身体的あるいは心理的な影響によって発症されやすいともいわれています。また、老年期の老化にともなう心身の衰えや不調がこの老年期うつ病に関連していると考えられています。そのため、症状は心身のコンディションによって影響されやすいものが多いです。加えて、罪責妄想であったり被害妄想を抱きやすいといった特徴をもっています。躁的になることは少なく、自殺の危険性が高い病気です。そのほかには引っ越しや退職、肉親や友人との死別といった患者さんの周囲の環境によって影響されることが多くあります。神経質、あるいは執着質といった性格特徴があると、発症しやすいとも考えられています。

老年期うつ病の症状について

老年期うつ病の症状には、意欲減退、思考の停滞、記憶力の減退、注意集中の困難さ、悲観とゆううつな気分、不安、焦燥感といったものがあげられます。そのほか、不眠、食欲不振、便秘といった自律神経症状もみられます。こうした症状が出そろうのは定型的なうつ病であり、中年期のうつ病に多いパターンです。しかし、老年期うつ病では、こういった症状の一部が突出してでてくるといった非定型のパターンをとることも珍しくありません。

老年期うつ病の治療方法について

老年期うつ病の治療としては薬物療法が一番に考えられます。慢性化していたり再発していたりする場合には、精神療法などが加えられます。薬物療法では、抗うつ薬や精神安定剤、睡眠薬が組み合わされて処方されることが多いです。老年期の患者さんの場合には、身体の疾患がある場合が多いため、すでに服薬をされていたり腎機能が低下していたりすることがあるので、副作用等に十分注意する必要があるでしょう。精神療法では、支持的療法を行うことが多く、人間的なつながりを築くように努力されます。精神分析といった過去の自分と向き合ったり精神内界に入っていくような心理技法は扱わないことが一般的です。ほかには集団精神療法やレクリエーションを行うようなデイケアなどを組み合わせることがあります。周囲の人はあまり干渉せずにあたたかく見守る姿勢をもつことが重要です。そして自殺に対しては細心の注意を払い、刃物や紐など目につかないようにしておくといった配慮が求められます。

老年期せん妄という言葉を聞いたことがありますか。せん妄という言葉はあまり聞きなれないかもしれませんが、せん妄とは一種の「ぼけ」の状態を指しています。認知症との区別が少し難しいかもしれません。急にぼけるのがせん妄で、徐々にぼけていくのが認知症と考えるとよいでしょう。認知症は慢性的なぼけ症状を示しますが、せん妄では急にぼけの症状を発症します。

老年期せん妄の特徴とは

老年期せん妄では症状の出現する際の速さが急激であることが特徴です。何月何日何時ごろから急激におかしくなったというように、日時を特定できる場合が多いのです。また、症状が動揺することが明らかであるといった特徴があります。夜間に「そこに人がいる」などおかしなことを言った場合でも次の朝にはしっかりとしていることがあります。しかし、またその日の夕方におかしいことを言うなど、一日の中でも症状の揺れ動きがあるのです。また、症状の可塑性といった特徴があります。せん妄状態にあるときには異常な言動を行いますが、醒めると元の状態に戻るのです。認知症などでは、いったん失われた脳の機能が復活することはまずなく、そういった点でも異なっています。

老年期せん妄の原因について

せん妄の病院は多くの要因が重なり合って出現しているため、単一の原因をあげることはできません。原因については、直接原因、誘発因子、準備因子の3つが考えられます。直接原因として、脳自体の機能や脳機能に直接影響を与える全身性の疾患があげられます。誘発因子としては、睡眠妨害、感覚遮断、心理的負荷といったものがあり、例としては施設への入所や入院による環境の変化があげられます。準備因子としては、脳血管の障害や中枢神経の変性などがあります。

老年期せん妄の治療について

せん妄の治療には、検査や治療をしやすくするための鎮静療法と原因に対する働きかけの2種類があります。鎮静療法とは、鎮静のための薬物を投薬することで行われます。しかし意識混濁が悪化して昏睡が予測されるような場合や重症患者などでは鎮静目的のための投薬は避けられることがありますので注意してください。

老年期せん妄のご家族へのアドバイス

老年期せん妄はさまざまな原因が積み重なって起きている病気です。治療のための鎮静薬や睡眠薬がせん妄の原因になることもありえる病気です。また、治療によって肺炎をおこすこともあります。そのため、しっかりと専門の医師の診断を受けることが重要であるといえるでしょう。ぼけではないかと思われる症状を高齢者が示した場合には、症状の出現する速さについて十分に注意するようにしてください。診断のときに重要な情報になっていきます。また、高齢者の場合には複数の医師から薬をもらっていることがありますので、その点も十分に注意するようにしてください。体の状態が悪くなっていないか、観察することも重要です。食事をたべる量であるとか体の動き、持病の症状なども大切なチェックポイントになってきます。睡眠が妨害されているようであればそれはなぜなのか考えてみるのもよいでしょう。なにか心理的な負担を高齢者の方がお持ちであれば、そういった負担を軽減できるように支援することも重要になってきます。

関連記事