心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

強迫性障害や薬物依存症の症状や対応方法について

心理資格取得

強迫性障害という言葉を聞いたことがあるでしょうか。この強迫性障害とは社会生涯の一つです。そして、この強迫性障害は特に強迫観念と強迫行為によって特徴づけられています。例えば、不潔恐怖をもっている人の中には一度手を洗っただけでは、手がきれいになったとは思うことができずに何度も手を洗ってしまうといったことがあります。こういった方の多くは程度の差こそあれ強迫性障害に罹患しているといってよいでしょう。

強迫性障害の症状

強迫性障害を特徴づける強迫観念と脅迫症状についてみていきたいと思います。強迫観念とは無意味とわかっていても浮かんできて取り除くことのできない考えのことであり、それが理不尽であると自覚できるものを指します。そのため、自分の中で起きていることであると認める点で妄想と区別されます。また、強迫行為とは汚染や疑惑をはらうために手を洗う、点検、確認するなどの反復的行為のことを指します。同時に心の中で祈ったり数を数えたり、言葉を繰り返したりすることもあります。

強迫性障害の治療

強迫性障害の治療としては、薬物療法と認知行動療法が周流の治療方法となっています。薬物療法としては、SSRIが選択されることが多いです。また、認知行動療法の中では暴露療法が採用されることが多いです。この暴露療法はエクスポージャー法ともいわれており、これまで回避していた状況にあえて患者さんを直面化させる心理療法になります。その際、強迫的行為を行わないことで、症状の軽減を図っていくものになります。また、強迫性障害については、患者さんに対する心理教育も有効といわれています。病気の内容についてや、治療や対処について患者さん本人に十分な理解を促すことが重要です。また、患者さんの家族にも症状について説明することによって、患者さんに対して安定的な治療環境を提供することができるため、患者さん家族に対しても心理教育はなされます。

強迫性障害の患者さん

強迫性障害の人は頭で考えるだけで自分も相手も思い通りに動かしたいという幼児的な願望を手放せないところがあります。強迫観念や強迫行為で患者さん自身はきわめて忙しく、感情や気持ちを表にだすことは少ないです。誇りが高く、傷つけられたと感じると激しい怒りを示したりすることがあります。そのため、自分の領分などを侵されることに対して敏感であることが多いので、今患者さんに何が起きているのかを共感的な態度をとりながら見極めていくことが必要と考えられます。

強迫性障害の患者さんへの対応

強迫行為を無理にやめさせるようなやり方は患者さんの緊張を高め症状を悪化させやすいのでやめましょう。行動を抑えてやめさせても別の激しい行動がでてくることがあるので注意が必要です。患者さんが苦しんでいる場面で、どのように感じているのか、どういう気持ちなのかなどはっきりと言葉にすることのお手伝いをすることができると治療的です。強迫性障害の患者さんは早口で話す傾向がありますので、こちらは安心感を与えられる、ゆったりと落ち着いた話し方で対応できるといいですね。「しなくてはいけない」から「ま、いいか」へ転換させ、今日しなくてはいけないことも「明日にのばしたら」と勧めて「したい」気持ちを支持することが良いでしょう。

薬物依存症という言葉を知っていますか。薬物に関するニュースは日常的によく流れており、薬物依存症という言葉をご存知の方も多いと思います。好奇心から依存性のある薬物の乱用を繰り返すと、その薬物をやめようと思っても自らの意志で簡単に薬物をやめられない状態になります。これを薬物依存症の状態であるといいます。

薬物依存症とは

通常は薬物によってもたらされる薬理作用、すなわち快感を求めて薬の使用が始まります。薬を使用したときの快感が忘れられず再びしようとしたいという気持ちが強くなり、やぶ物の使用をやめられなくなります。薬の使用をやめて体内から薬がきれていくと激しい欲求が生じ、強い不安を覚えるようになります。その結果、その薬のもつ快感を求めて、あるいは中断した時の精神的な不快感から避けるためにその薬を続けて飲まざるを得なくなってしまいます。

薬物依存症の症状

薬の種類によってはその薬物を続けて使用していると体が薬に慣れてしまって、効果が得られにくくなってしまうために、同じ効果を得るためにその薬を多く摂取しなくてはならなくなってしまいます。この状態を耐性といいます。初回に使った量の10倍、20倍というように増えていってしまうことがあります。精神的な依存が進行すると、身体依存が形成されていってしまいます。体が薬物なしではいられなくなってしまうのです。薬物が体からなくなってしまうと、体のバランスが崩れてしまって、体の異常が生じ始めます。これを離脱症状と呼んでいます。離脱症状はとても苦痛な症状であるため、これを避けるためにも薬物を使用せざるを得なくなってしまうのです。

薬物依存症の種類について

薬物依存症になる薬物の種類にはさまざまなものがあります。代表的なものとしては、覚せい剤があげられます。戦後の混乱期にわが国で大流行した薬物の一つです。この覚せい剤は今でも流行しており、覚せい剤依存症で悩んでいる人はいます。そのほか、有機溶剤依存症もあります。具体的にはエーテルやトルエン、シンナー、ボンドなどが含まれます。また、マリファナ、ハシッシュといった大麻も依存症になります。麻薬取締法に指定された薬物は麻薬といい、この麻薬も薬物依存症を形成しています。ほかには睡眠薬や精神安定剤も依存症になってしまいます。また最も身近なものとしてはたばこがあげられます。たばこも手放せない状態であれば、たばこ依存症になっているといえるのです。

薬物依存症の患者さんの対処

まず一番大事なことは、患者さんが自ら依存症であるということを自覚することです。そして、その依存の状態から脱却したいと自らが思い、自らの意志で治療を行いたいという意欲をもつことが重要です。しかし、ここに薬物依存症の治療の難しさはあるといわれています。一度依存症になると、自らの意志でやめることが困難になってしまうからです。そのため、薬物依存症の方の治療は困難になることが多いです。家族や周囲の方が注意をして、治療に促してもなかなか治療に向かうことができないことがあるからです。家族が薬物を使用していることを知った場合には、どうしたら元の健康の状態に戻れるのかを冷静に考えて家族の問題としてとらえて考えていけるといいでしょう。

メンタル心理  メンタル心理

関連記事