心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

不思議の国のアリス症候群の症状・原因・治療について

不思議の国のアリス症候群とは

眼には全く異常がないにも関わらず、外物あるいは自分自身の大きさや距離などを正確に認識できなくなってしまう幻覚症状のことです。

1955年にイギリスの精神科医ジョン・トッド(John Todd)により名付けられた症候群であり、世界的に有名な児童文学「不思議の国のアリス」に由来しています。

作中で大きくなったり、小さくなったりする主人公アリスと同じ感覚を不思議の国のアリス症候群罹患者は現実で体感することになるのです。

不思議の国のアリス症候群の症状

不思議の国のアリス症候群罹患者は自身や他物が拡大、縮小、歪曲、変色して見えてしまいます。

具体的には以下のような症状です。

・背の高い父親が自分よりも小さく見える(小視症)

・小さな羽虫が自分の顔より大きく見える(大視症)

・教壇に立つ先生が歪んで見える(変視症)

・母親の顔が緑色に見える

また罹患者本人は自身の認識の誤謬を自覚しており、非常な不快感を伴うそうです。

その他にも離人症状や時間の流れを遅く感じるようになってしまったりなど、あらゆる現実を歪んで感じるようになってしまうことが、不思議の国のアリス症候群なのです。

不思議の国のアリス症候群を引き起こす原因

不思議の国のアリス症候群は幼児に発症者の多い症候群です。

幼児期における不思議の国のアリス症候群の原因はEB(エプスタイン・バー)ウイルス感染症が引き起こす中枢神経の炎症であると言われています。

この場合は一過性のものに過ぎないことがほとんどであり、重篤な病でもありません。

一方、成人の不思議の国アリス症候群罹患者は、偏頭痛が原因であるとみられています。

また統合失調症などの精神疾患を併発していたり、ごく少数ではありますがうつ病の前兆であったケースも存在します。

あるいは重大な脳疾患の前触れである場合も考えられるため、成人してからも幻覚症状が解消しない場合や、成人してから不思議の国のアリス症候群を発症した場合は用心すべきと言えるでしょう。

不思議の国のアリス症候群の治療

不思議の国のアリス症候群に対する明確な治療法はいまだ確立されておりません。

原因とされている偏頭痛の治療薬や予防薬を服用することで、症状が緩和することもありますが、確かなものとは言えず、症状の抜本的な解消には、医師と共に自身にとって効果的な治療法を根気よく探していくしかありません。

不思議の国のアリス症候群罹患者の意外な共通点

「不思議の国のアリス」の作者であるルイス・キャロルも偏頭痛に悩まされており、彼自身も不思議の国のアリス症候群であったため素晴らしい作品を執筆できたのではないかと言われています。

また芸術家や小説家には不思議の国のアリス症候群罹患者が多いと言われており、ピカソ、芥川龍之介、樋口一葉、ジョナサン・スウィフト(ガリヴァ―旅行記作者)など名だたる表現者たちの作品に、その片鱗がうかがえると言います。

人とは異なったものが見えることは、彼等にとっては大きな武器だったのかもしれません。

不思議の国のアリス症候群のまとめ

不思議の国のアリス症候群は、あらゆる現実を正確に認識できなくなってしまう幻覚症状です。

幼少期のものは問題となることはほとんどありませんが、成人してからのものは重篤な病の前兆である危険性を孕んでいるため注意が必要です。

メンタル心理  メンタル心理

関連記事