心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

ミュンヒハウゼン症候群の症状・原因・治療について

ミュンヒハウゼン症候群とは

主に同情的な注目や関心(二次疾病利得)を集めるために詐病を繰り返す精神疾患のことです。

1951年にイギリスの精神科医リチャード・アッシャーによって発見された精神疾患であり、

病名は「ほら吹き男爵」の異名を持つドイツ貴族ミュンヒハウゼン男爵に由来しています。

「ほら話」で周囲を楽しませていたミュンヒハウゼン男爵とは違い、ミュンヒハウゼン症候群罹患者は自身の満足のためだけの「ほら」で周囲を欺き支配しようとします。

ミュンヒハウゼン症候群の症状

虚偽性障害の一つであり、罹患者は詐病、自傷、虚言を繰り返します。

虚偽の内容は主に身体の不調を訴えることであり、そうすることで周囲の関心を集めようとし、関心が集まれば集まるほどその行為はエスカレートしていきます。

またミュンヒハウゼン症候群罹患者は同情を集めるためならどんなリスクも恐れないため、

・自身の腹部を刺す

・手足や指を切断する。

といったように度を越えた自傷行為にまで走ることもあります。

詐病や虚言の具体例としては、

・検体に血液や異物を混入させることで検査結果をねつ造する

・自身の過酷な体験やトラウマを語りたがる

・苦痛を大袈裟にアピールする

・副作用の強い薬をわざと人前で服用する

・必要のない外科手術を受ける

・ありもしない病気をねつ造する

などが挙げられます。

そしてそれらの虚偽が発覚することのないように既往歴を偽ったり、偽名を使用したり、特定の医師と関わることを避ける傾向も見られます。

代理ミュンヒハウゼン症候群とは

上述の症状の対象が自身ではなく実子等の自身に近しい存在を代理として利用する場合は代理ミュンヒハウゼン症候群と呼称されます。

母親が自身の子供を対象としていることが多く、ミュンヒハウゼン症候群を併発していることもあります。

代理ミュンヒハウゼン症候群罹患者の精神疾患が明らかとなる前に詐病のための虐待によって代理人が死亡してしまうことも少なくなく、より危険な症候群であると言えます。

ミュンヒハウゼン症候群を引き起こす原因

欲求不満が根底にあると言われています。

そのため幼少期に虐待やネグレクトを受けていた人が欠落している愛情を求めたために、あるいは自身または自身に近しい存在が重い病気を患った経験を持っている人が周囲から優しくしてもらった過去が忘れられずにミュンヒハウゼン症候群や代理ミュンヒハウゼン症候群へ陥ってしまうことが多いそうです。

ミュンヒハウゼン症候群の治療

カウンセリングを受けて治していくことが主たる治療法です。

しかしミュンヒハウゼン症候群罹患者は自身を怪我人や病人だと思ってはいても精神疾患である自覚は全くありません。

そのためカウンセリングを拒絶してしまうことがほとんどです。

したがって罹患者本人には精神治療であることは知らせずに罹患者の家族の協力の下で治療を行うこともあります。

ミュンヒハウゼン症候群のまとめ

ミュンヒハウゼン症候群は二次疾病利得を得るために詐病、自傷、虚言を繰り返す精神疾患のことです。

自身ではなく自身に近しい存在を利用し二次疾病利得を得ようとする場合は、代理ミュンヒハウゼン症候群と呼称されます。

ミュンヒハウゼン症候群罹患者の同情や注目への執着の根底には強い欲求不満があり、したがって周囲の関心を得られるためなら罹患者はどんな危険も顧みません。殊に代理ミュンヒハウゼン症候群の場合は代理人を死に追いやってしまうこともあります。

治療も困難であり、非常に深刻な精神疾患であると言えます。

関連記事