心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

サザエさんシンドロームの原因、症状、予防法について

サザエさんシンドロームという言葉を聞いたことがありますか。サザエさんシンドロームとはかつてはブルーマンデーシンドローム、あるいは月曜病と呼ばれていました。日曜の夕方に明日の仕事のことを考えて憂鬱な気持ちになってしまうことをいいます。誰にでも多少なりとも心当たりはあるのではないでしょうか。サザエさんシンドロームの詳細について以下に見ていきたいとおもいます。

サザエさんシンドロームの症状について

サザエさんシンドロームとは、日曜の夜にテレビアニメのサザエさんを見ると、翌日からの仕事や学校のことを考えて憂鬱になってしまうことをいいます。また、憂鬱な気分だけではなく、頭痛や吐き気、眠れなくなるといった身体的な症状も呈することがあります。このように日曜の夜に体調を崩してしまうことを指しています。

サザエさんシンドロームの原因について

多くの精神疾患の原因が特定されていないように、サザエさんシンドロームの原因についても一概にこれといったものをあげることはできません。学校や会社での人間関係がうまくいっていない場合、サザエさんシンドロームになってしまう可能性は高いと考えられています。しかし、原因はそういったことだけではないようです。アメリカのある大学の研究チームの研究結果からは、休日にずっと家にこもってだらだらと過ごしていると、平日と休日のギャップが激しくなってしまい、その結果、月曜になってもなかなか仕事モード、学校モードに戻ることができないということがわかっています。また、平日の睡眠時間が不足気味の人はサザエさんシンドロームになりやすいといえるでしょう。また、金曜の夜に、明日から休日だということがあり、テンションが高くなってしまいがちな人は、日曜の夜とのギャップが激しいので、サザエさんシンドロームを発症する可能性が高いと考えられます。

サザエさんシンドロームの予防法

サザエさんシンドロームにならないようにするにはどうしたらよいでしょうか。体内時計が狂うことで一週間の体内リズムが壊れ体調を壊すという知見があります。したがって、日曜日も可能な限り普段と同じ時間に起床し、体内時計を狂わせないように心がけましょう。次に、平日と休日のギャップがサザエさんシンドロームを発症させる原因の一つと考えられていますので、休日も活発に過ごすようにしましょう。積極的に予定を入れ、だらだらと過ごさないようにすることがよいでしょう。ただし予定を入れすぎて月曜に疲れを引きずらないようにしなくてはいけませんので、注意が必要です。また、認知行動療法にあるように、ご褒美を設定することで、やりたくない行動を変化させてみましょう。具体的には月曜の夜にご褒美を設定するのです。美味しいものを食べに行くとか恋人とのデートの約束を入れておくといったことが有効です。

生活に支障をきたすほどのサザエさんシンドロームについて
頭痛、腹痛、吐き気、倦怠感といった生活に支障をきたすほどの身体症状がでている人の場合、早めに病院で診断を受けたほうがよいでしょう。サザエさんシンドロームではなく、うつ病や適応障害といった病気の可能性があります。自己判断せずにしっかりと医師の判断を仰ぎましょう。

関連記事