心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

クレランボー症候群の症状・原因・治療について

クレランボー症候群(Clérambault’s syndrome)とは

「自分は愛されている」と思い込んでしまう精神疾患のことです。

1921年にフランスの精神科医ガエタン・ガチアン・ド・クレランボー博士(Gaëtan Gatian de Clérambault)により発表された精神疾患であり、同じくフランスの精神科医J.E.Dエスキロール博士が命名したと言われています。

またエロトマニア( Erotomania)とも呼称されます。

クレランボー症候群の症状

妄想性障害(Delusional disorder )の一つであり、クレランボー症候群罹患者の抱く妄想とは恋愛妄想です。

罹患者は根拠など何一つないにもかかわらず、自分が相手に愛されており、相思相愛であると思い込んでしまいます。そのため妄想の相手に対して恋人のような振る舞いや不適切な接触を繰り返し、次第にストーカー化していきます。

更にクレランボー症候群罹患者は相手の言動を自身にとって都合の良い解釈しかしません。

したがって相手の意味を持たないしぐさや素振りすら自身への好意の表れであると解釈し、

例え相手に拒絶されようとも「嫌よ嫌よも好きのうち」というような考え方しかしません。それどころか拒絶すればするほどストーカー行為は悪化していきます。

自分は愛されているという絶対的な確信があり、自らの行動に対して罪悪感を抱くこともないため、拒絶をする相手が悪いと言う思考に陥りやすく、それを是正しようとして殊に罹患者が男性である場合は暴力行為に走ることも少なくありません。

クレランボー症候群を引き起こす原因

欲求不満が原因ではないかと見られています。

クレランボー症候群罹患者が恋愛妄想を抱く相手は自身よりも地位が上だと思われるような人物であることが多く、その妄想の相手との恋愛関係を結ぶことで精神的な充足感を得たいという心理が根底に存在しているようです。

また統合失調症や躁うつ病、認知症を患った人によく見られる妄想であると言われており、他の精神疾患を併発している場合も多々あります。

クレランボー症候群の治療

明確な治療法は確立されておりません。

クレランボー症候群罹患者は自身の妄想が絶対であると信じているため、どれだけ妄想と現実の違いを説明しても自分と相手との仲を裂こうとしているのではないかと考え、医師を敵対視してしまうことがあり、カウンセリング等の治療は困難であると言えます。したがって抗精神病薬などの投薬治療で症状の改善を図ることが治療法として挙げられます。

また妄想の相手に危害を加える可能性が極めて高い症候群であるため、隔離や入院治療を必要とされることも多く、非常に深刻な精神疾患であると言えます。

クレランボー症候群のまとめ

クレランボー症候群とは根拠など何一つないにもかかわらず、自分が相手に愛されており、相思相愛であると思い込んでしまう妄想性障害です。

その思い込みから妄想の相手に対して恋人のような振る舞いや不適切な接触を繰り返し、次第にストーカー化していきます。また拒絶した相手に対して危害を加える可能性が極めて高いため注意が必要です。

原因は欲求不満であると言われており、充足を得たいがためにこのような恋愛妄想を抱くようになるとされています。

その妄想の強さから治療は非常に困難であり、非常に深刻な精神疾患であると言えます。

関連記事