心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

ひきこもりに対する家族の対応や相談先とリストカット症候群の症状・原因・治療

ひきこもりについて知っていますか。厳密にひきこもりは一つの行動をあらわす言葉であって病名ではありません。多種多様な様態を含んでいるので、均一な集団のことでもありません。しかし、ひきこもりの状態にある人には心の病気にかかっていると考えることができるので、詳細をみていきたいと思います。

ひきこもりとは

ひきこもりとは、成人早期までに始まるもので、6か月以上にわたって持続的に社会からひきこもることを指します。社会的、学業的、あるいは職業的な活動に携わりたがりません。また、家族以外の親密な友人がほとんどいません。心因反応や一過性の精神症状はほとんどないことが多いです。また、何らかの身体疾患や統合失調症やうつ病といった精神障害にかかっている場合は除外されます。

ひきこもりの原因

ひきこもりの原因も多種多様であり、一概にこれといったことはいえません。本人の適応能力の問題であったり、登校意志の問題だけではなく、親の養育態度や学校教育の問題も関連してきます。

ひきこもりに対する家族の対応について

通常本人が治療相談機関に治療を求めに行くことはほとんどありません。たいていの場合はひきこもりへの対応に困難さを抱えたご家族が相談にくることが多いのです。但し、その際に注意する事柄があります。子どもが家の中で機嫌よくのびのびとふるまえるようにしてあげることが重要です。親は「学校にどうして行かないの?」とか「これからどうするつもりなの?」といったことを聞きたがりますが、そういったことを無理に聞き出すことはやめたようがよいでしょう。子どもが興味や関心をもっていることについて積極的に会話をするようにし、家族間での関係を良好に維持することが重要です。また、子どもの依存欲求や攻撃欲求に対して過度に反応しすぎないようにすることが肝要です。子どもは年齢に比して強い甘えをだしてきたり、攻撃的な態度をだしてきたりすることがあります。しかし、そういった子どもの要求に振り回されずに冷静に、適度な距離をとって関わるようにしてください。最後に、家族の良好な関係性の維持に努めるようにすることが重要です。特にひきこもりであることを理由に夫婦がけんかをしたり互いにいがみ合ったりすることがありますが、これは子どもにとって悪影響しか与えません。両親が同志となり、一緒に子どもを支えるといった姿勢が子どもによい影響を与えるようです。

ひきこもりの相談先

厚生労働省では教育訓練を受けず就労をすることもできないでいる若者へのサポートとして若者自立塾を開始しました。若者自立塾は原則3か月の合宿による集団生活の中で生活訓練や労働訓練、資格取得などのプログラムを実施する制度となっています。また、ヤングハローワークといった若者に向けた公共の就職支援施設が各地にできています。本人に対して求人の紹介をするだけではなく、どんな職業に向いているかといった適性診断や就労に際しての悩みを心理士に相談できる場所を設けたりしているところもあります。また、ひきこもりを続ける若者に人との交流を通して社会参加を促すフリースペースといったものもあります。各種の支援が各地にありますので、お住いの地域で受けられる支援について一度確認してみてはいかがでしょうか。

リストカット症候群(wrist-cutting syndrome)とは

主に手首を傷付ける自傷行為のことです。

精神科医であるローゼンタールが名付けた症候群ですが正式な病名ではありません。

リストカット症候群の症状

リストカット症候群の人の自傷行為は手首の内側に浅い切り傷をつけることがほとんどです。まれに腕や足、首、顔、腹部などを切りつけることもあり、腕を切る場合はアームカット、首を切る場合はネックカット、足を切る場合はレッグカットと呼称されることもあります。また常習性があり、長期間にわたり幾度となく己を傷付けます。

他には拒食、低い自己評価、情緒不安定、抑うつ状態などの症状も見受けられます。

リストカットをすると一時的に抑うつ状態が回復するため、自傷行為は何度も繰り返されることになるのです。

リストカット症候群を引き起こす原因

リストカット症候群の発症者は女性が圧倒的に多く、殊に母子関係が円満ではない10代の女子に多くみられます。

原因はストレスや承認欲求、愛情の欠如であり、本人はそう思っているつもりだったとしても自殺のための行為ではないことが多く、実際に死に至るケースも稀です。

自分を心配して欲しい、認めてほしいという欲求がリストカットにつながることもありますが行為の理由の全てが注目を集めるためであるとは限りません。

自分が生きていることの確認行為であったり、ストレスを吐き出すことができず押し殺し続けた結果、他害ではなく自傷行為に走ってしまっている場合もあります。

しかしリストカット症候群に陥ってしまっている人は自分でもどうして手首を切りたい衝動に駆られてしまうのか分かっていない場合が多く、自身のストレスの存在など思いもよらないまま血を見るとなんとなく安心するからという理由で自傷行為に及んでいることもあります。

またリストカット症候群は自身を傷付けることで二次疾病利得を得ようとするミュンヒハウゼン症候群の人にもよくみられる自傷行為であり、精神疾患が元となり症状が現れている場合もありため注意が必要です。

リストカット症候群の治療

赤いペンなどで手首に線を引いて、疑似的なリストカットをすることで実際に手首を切ることをせずに衝動を抑えることができます。

しかし根本的な解決にはならないため、どうしてもやめることができそうになん場合は医師による診察を受けることも場合によっては必要なことです。

その場合はカウンセリングや向精神薬による投薬治療が主となるでしょう。

また周囲の人間がリストカットをすること自体を否定してしまうとストレス解消の手段であるリストカットを禁じられてしまったために更なる自傷に走る可能性が高く、ストレスに耐えかねて自殺に発展してしまうこともあります。

リストカット症候群のまとめ

リストカット症候群とは主に手首の内側、まれに腕や足、首、顔、腹部などを切りつける自傷行為のことです。

ストレスや承認欲求を原因としており、本人はそう思っているつもりだったとしても自殺のための行為ではないことが多く、実際に死に至るケースも稀です。

治療は本人の意志の元でカウンセリングや向精神薬による投薬治療を行っていくことになります。

また周囲の人間がリストカットをすること自体を否定してしまうことは非常に危険であり、更なる自傷や自殺に発展してしまうこともあるため、注意が必要です。

関連記事