心理学の種類・心理学者・日常で役立つ心理学と心理テストを紹介します。

menu

メンタル心理.net

恋愛心理学で分かる男性の気持ちや恋愛心理の種類一覧

人はどのようにして恋愛や結婚の相手を決めるのでしょう。パートナーの選ぶ際に働く恋愛心理の種類を学びましょう。

恋愛心理のマッチング仮説

アメリカの心理学者バーシャイドは、自分に似た人をパートナーに選ぶ傾向があると発表しました。これを、「マッチング仮説」といいます。

マッチング仮説とは、人は自分よりも魅力的な人に拒否されることを嫌い、自分よりも魅力的でない人を拒否するため、結局のところ、自分と似た者を選んでしまうということです。

また、お互い、出会ったばかりの頃に類似点を見つけようと努力することを、「類似性の法則」といいます。

恋愛心理の相補性

恋愛心理に相補性という考え方があります。これは、お互いの足りない部分にひかれあって補いあうという恋愛心理です。

例えば、大雑把な性格の女性は、それを補う几帳面な男性を選んで結婚するということです。

恋愛心理のロミオとジュリエット効果

ロミオとジュリエットの悲恋は多くの方が知っているでしょう。

恋愛感情は周りからの反対にあうと、逆に強くなる傾向にあります。特定の目的に対して、障害があればあるほどそれを乗り越えて目的を達成しようとする気持ちが高まるのです。

これを心理学では、「ロミオとジュリエット効果」と呼びます。結婚相手を選ぶときは、このロミオとジュリエット効果に惑わされず、一歩引いた目線で冷静に相手のことを観察しましょう。

心理資格

恋愛心理のワラスの創造過程

結婚は、パートナー同士で新たな絆を作り出す大切な機会です。

もし、結婚していいのか迷った時、誰と結婚するのがいいか迷った時に、「ワラスの創造過程の四段階」を利用しましょう。

ワラスの創造過程の四段階で自分に合ったパートナーを見つける方法

ワラスの創造過程を利用したパートナーの探し方の一例を学んでみましょう。

  1. 準備段階:出会いのきっかけを増やすために、積極的に飲み会や交流会に参加する。
  2. 孵化段階:デートの機会を重ねて、相手のことを深く知る。
  3. 啓示段階:ふとした瞬間に、「この人と結婚するんだ!」という確信が心の中に生まれる。
  4. 検証段階:家族や友人に、パートナーを紹介する。周りの反応も考慮しながら、結婚相手としてふさわしいかどうか検証する。
  5. めでたく結婚へゴール。

恋愛の深層心理テスト

以上の恋愛心理を踏まえて、恋愛心理テストをしてみましょう!では、スタート!

心理学

Q.パートナーが浮気していることが分かってしまいました。さて、あなたならどうしますか。

①黙って耐える。

②こういうパートナーとはすぐに別れる。

③浮気相手と別れて欲しいとパートナーにお願いする。

④相手の男性(もしくは女性)と直談判する。

A.あなたはどれを選びましたか。では、1つずつみていきましょう。

①を選んだ人:物事を否定的に考える傾向になり、自分自身も大切に思っていません。もっと自分に自信を持ちましょう。

②を選んだ人:自分の気持ちを大切に思わない傾向があります。もっと自分の気持ちに正直になって。

③を選んだ人:保守的な人です。相手を非常に愛している一方、プライドも高く、計算高い面があります。

④を選んだ人:非常にプライドが高く、自己愛も強い人です。思い切った行動に出やすいタイプです。